『Bond 25』で女性のMI6エージェントが登場か

Variety(2018年12月7日付)によると、007映画次回作『Bond 25』には、女性のMI6エージェントが登場するようです。

『007/スペクター』のボンド・ガール、マドレーヌ・スワンを演じたレア・セドゥが同役で復帰することが既に報じられましたが、Varietyでもこれを確認済み。

そして、プロデューサー側は現在、レア・セドゥ以外にも二人の女優を探しているそうです。一人はボンドの同僚となるMI6エージェント役を演じ、もう一人はミステリアスな女。

キャスティングはこのように進行しているようですが、キャリー・ジョージ・フクナガ監督が手がけている脚本作業は、まだ終わっていないとのこと。

また悪役には、現在日本で公開中の映画『ボヘミアン・ラプソディ』にフレディ・マーキュリー役で出演しているラミ・マレックが検討中。しかし、マレックはTVシリーズ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』の撮影が2019年3月から7月まで予定されており、撮影時期の被る『Bond 25』出演は難しい様子。

ラミ・マレックはエジプト系アメリカ人ですが、今年8月にはモロッコ系フランス俳優のサイード・タグマウイが悪役候補として報じられていました。誰に決まるとしても、制作側は中東系の悪役を探しているようです。