ロンドン・ウエストエンドにある映画館「ODEON Leicester Square」(オデオン・レスター・スクエア)が2018年12月21日、「ODEON Luxe Leicester Square」と改称しリニューアル・オープンしました。

1937年に開館した同館は、イギリス最大の映画館チェーン「ODEON」のフラッグシップ的な位置付け。過去80年間で700タイトル以上のプレミアが開催。007シリーズでは全24作中18作のプレミア会場となり、エリザベス女王などの王室メンバーも度々臨席されています。

11ヶ月に及んだリニューアル工事では、シートを大幅に改善。元々は2000席以上あり、今回の工事前でもメイン・スクリーンには1600席以上ありましたが、工事後は800席と半数以上削減。その代わり、リクライニング対応の大型シートが導入されています。

現在のスクリーン数は計5つ。800席のメイン・スクリーンは、イギリス初となるドルビーシネマに。こけら落とし作品は『メリー・ポピンズ リターンズ』です。

入場料金は、作品、上映日・時間、座席位置、購入枚数などの条件によって異なりますが、10.75ポンドから40.75ポンドとなっています。

参照:
ODEON
ODEON Cinemas Group
London Evening Standard
Screen


12/18 プレミア回数の記述を訂正しました。