007展覧会『DRIVEN: 007 x SPYSCAPE』がNYで2019年3月から開催

イオン・プロダクションは2019年1月23日、MGM、SPYSCAPEと共同で、映画007シリーズの展覧会『DRIVEN: 007 x SPYSCAPE』が、2019年3月8日からニューヨーク・マンハッタンのSPYSCAPEで開催されると発表しました。

この展覧会では、007映画制作の舞台裏を探求。2018年にSPYSCAPEがオークションで落札した、『007/ゴールデンアイ』撮影仕様のアストンマーティンDB5が展示されるようです。この他にも、Qラボのガジェット、プロダクション・デザイナーのケン・アダムによるコンセプト・アート、『007/スカイフォール』クライマックス・シーンの解説などが楽しめます。

チケットの一般発売は2月2日午前10時(現地時間)から。入場料は大人23ドル、こども18ドル。アメリカン・エキスプレス会員向けの先行発売は1月23日から同30日まで。

公式の007映画展覧会がニューヨークで開催されるのはこれが初めてとのこと。終了時期には触れていません。

SPYSCAPEは2018年にオープンした体験型スパイ・ミュージアム。英国諜報機関で訓練部門トップを務めた人物が監修した、スパイとしての潜在能力を発掘し査定する「spy profile」が参加者毎に作成されます。なお、「spy profile」に興味を示す複数の諜報機関があるそうですが、個人情報は保護されており、提供していないとのことです。