イオン・プロの『The Rhythm Section』 全米公開日が2019年11月22日へ変更

Variety(2019年1月25日付)によると、映画『The Rhythm Section』の北米公開日が、2019年11月22日に延期となりました。

マーク・バーネル原作(邦題『堕天使の報復』)を映画化した『The Rhythm Section』はブレイク・ライヴリー主演、ジュード・ロウ主演のスパイ・スリラー。監督はリード・モラーノ。撮影の始まった2017年の時点で、公開日は2019年2月22日と決定していましたが、配給会社パラマウントは、11月のホリディ・シーズンに打って出る戦略へと変更したようです。

なお、同じイオン・プロダクションが制作する007映画『Bond 25』の公開が、当初予定の2019年11月から3ヶ月後に延期されており、これが今回の変更理由の一つになったと思われます。