ヘンリー・カヴィルは映画007シリーズ次回作『Bond 25』と『Bond 26』に出演の可能性がある、との噂がハリウッドの一部で囁かれているようです。

この噂を明らかにしたのは、エンタメ情報サイトColliderが運営するMovie Talk(2019年1月29日付)に登場した、ジェフ・スナイダー氏。同氏はこれまでVariety記者などとして、ハリウッドのニュースを報じています。

まず、スナイダー氏は『Bond 25』公開日が当初予定から2020年2月へ延期になったのは監督交代劇が原因かと尋ねられると、新監督に就任したキャリー・フクナガ監督は降板の瀬戸際まで行ったらしいが辞めてはいない、と発言しました。

続けて同氏は、以前から出回っている噂で真偽は不明だと断りを入れながらも、映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』を観たイオン・プロのプロデューサーがカヴィルの演技を非常に気に入り、次のジェームズ・ボンド役に是非就かせたいと考えている、と発言。また、カヴィルはダニエル・クレイグがボンド役を務める2019年3月撮影開始予定の『Bond 25』に脇役(ダブル・オー・エージェントなど)出演し、続く『Bond 26』で007を名乗る可能性も示唆しました。

ヘンリー・カヴィルは、『007/カジノ・ロワイヤル』制作前に、6代目ボンドの最終候補者だったことで知られ、当人は次期ボンド役への意欲を今でも度々語っています。