イタリア・メディアSassilive.it(2019年2月2日付)によると、007シリーズ次回作『Bond 25』ロケ地として、イタリアの都市マテーラが選ばれたようです。

制作側と地元は昨年末、合意に達したそうで、間も無く発表があるとのこと。同地での撮影は2019年4月6日開始予定。

具体的な撮影想定場所は、大聖堂(Cattedrale)、セディーレ広場(Piazza del Sedile)、リドラ通り(via Ridola)、サンフランチェスコ広場(Piazza San Francesco)、洞窟住居で知られるサッシ、ムルジャ地域。撮影陣の宿泊施設には、パラッツォ・ガッティニ(Palazzo Gattini)など。

ダニエル・クレイグ主演の007映画でイタリアがロケ地となるのは、『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)、『007/慰めの報酬』(2008)、『007/スペクター』(2015)に続き、これが4作目となります。

なお、この地元メディアは、『Bond 25』のボンド・ガールとして、既にキャリー・フクナガ監督が認めたレア・セドゥに加え、エマ・ストーンとダコタ・ジョンソンの二人が候補になっている旨も伝えています。