『Bond 25』公開日が2020年4月8日に変更

映画007シリーズ公式サイトは2019年2月15日、次回作『Bond 25』の公開日が2020年4月8日に変更された、と発表しました。

今回の公開日変更は2回目。

当初の『Bond 25』公開日は、ダニー・ボイルが2018年5月に監督就任した際に、北米が2019年11月8日、英国が同年10月25日と発表されていました。

しかし、その後にボイル監督が降板。2018年9月に新監督としてキャリー・ジョージ・フクナガが就任すると、世界公開日として2020年2月14日が設定されていました。

なお、詳細は明らかになっていませんが、新公開日の2020年4月8日とは北米を指すもので、英国ではこれよりも前倒し、日本では後になることが予想されます。

また、The Hollywood Reporter(2月15日付)によると、2020年4月10日に公開予定となっていたユニバーサルの『ワイルド・スピード』シリーズ第9作が、5月へと変更になっており、この空席を『Bond 25』が埋める形になったようです。

北米市場で1月から2月は、一般的に観客の足が最も遠のく劇場閑散期。近年は例外的な大ヒット作もありますが、最初から興行成績が大きく見込める大作シリーズのイベント映画はこの時期でのオープンを避ける傾向があり、過去の007映画でも例がありませんでした。今回の4月への変更は、興行的にも、より盛り上がる可能性が期待されます。