ノルウェーで2019年3月に『Bond 25』撮影か

ノルウェー紙Aftenposten(2019年2月24日付)によると、007映画次回作『Bond 25』の撮影が、ノルウェーの森林地帯で2019年3月に始まるようです。

場所はオスロの北、ハカダル村近くのLangvann湖周辺。イオン・プロダクションと契約している現地制作会社TrueNorthのスタッフが目撃されており、彼らは近隣住民の土地を借りて準備を進めている様子。

現地ではコテージのセットが建てられており、劇中で爆破されるのではないかとの噂が流れているそうです。

同地での撮影は、3月いっぱいかかりそうだとのことです。

『Bond 25』のパインウッドでの撮影開始日は3月4日、と昨年に公式発表されましたが、現在は脚本の全般的な見直しに入っていることが明らかになっており、最近になって様々なメディアが、4月の撮影開始と伝えています。

なお、007映画では公式撮影開始日前に、海外で先行撮影を行うケースがあります。