チャリング・クロス駅で『007/スカイフォール』ロケ地ツアー実施へ

ロンドン交通博物館(London Transport Museum)は2019年夏、映画『007/スカイフォール』のロケ地となった地下鉄チャリング・クロス(Charing Cross)駅のツアーを開催します。

これは同博物館が実施している「Hidden London」の一環。このプログラムでは、通常は立ち入り禁止となっている廃棄された駅や施設を専門ガイドが案内しています。

地下鉄チャリング・クロス駅には、Bakerloo線とNorthern線の2路線が通っていますが、同駅には他にも数十年前から一般には利用されていないJubilee線のプラットホームや線路などの施設が残っており、映画撮影などで利用。『007/スカイフォール』でジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)がエスカレーターを滑り降りたり、ホームで走るシーンもこの場所で撮影されています。

同ツアーは2015年と2018年にも実施されましたが、2019年はツアー直後に博物館のキュービック・シアターにて『007/スカイフォール』上映も行われます。

ツアー開催日は、2019年5月4日・5日・19日、7月20日から8月4日までの土曜と日曜のみ。所要時間は約4時間で、ツアー開始時刻は12時30分、映画上映開始時刻は14時15分。チケット料金は大人65ポンドで、これにはツアーの他に、博物館見学、『007/スカイフォール』上映、マティーニ、ポップコーンが含まれています。

チケットの一般発売は3月8日からインターネットで。先行予約の対象者は、博物館のチャリティ会員かニュースレター購読者(現地時間3月6日夜までの登録者)のみとなっています。