映画007シリーズの展覧会『007 x SPYSCAPE: DRIVEN』が2019年3月8日、ニューヨークでオープンしました。

会場はマンハッタンにあるスパイ・ミュージアム「SPYSCAPE」。イオン・プロダクションとMGMの協力を得た、ニューヨーク初の007映画公式展覧会です。

展覧会の概要は以下の通り。

アライバル・トンネル
007の世界へ引き込む光と音楽。

イマージョン・ルーム
『007/ゴールドフィンガー』のタイトル・シークエンスからインスピレーションを受けた音楽とプロジェクション・マッピングで、見学者を007映画の世界へと誘います。

Qブリーフィング
アストンマーティンDB5の紹介。

Qワークショップ
アストンマーティンDB5の展示やQガジェットの紹介。

ケン・アダム・スタジオ
プロダクション・デザイナーのケン・アダムが手がけたセット、乗り物、ガジェットなどを紹介・展示。

プロダクション・スタジオ
『007/スカイフォール』でアストンマーティンDB5やボンドの家が破壊されるシーンの舞台裏を紹介、家やDB5のモデルも展示。

スクリーニング・ルーム
DB5が登場した様々なシーンを上映。

エグジット・トンネル
007のテーマ曲をバックに、ギフト・ショップへ。

チケットの購入は公式サイトで。入場料は大人23ドル、こども18ドルとなっています。

参照:SPYSCAPEプレスリリース(PR Newswire)