レイフ・ファインズ 『Bond 25』撮影参加は2019年5月以降

BT(PA、2019年3月13日付)によると、レイフ・ファインズが007映画次回作『Bond 25』の撮影に参加するのは5月か6月になるそうです。

ファインズは3月13日、英ITVで放送の番組『Lorraine』にゲスト出演。話題が『Bond 25』に及ぶと、脚本をまだ受け取っておらず撮影開始日も分からない、と明かしたようです。しかし、撮影は5月か6月に始まると思うとも返答した模様。

また、過去にジェームズ・ボンド役の誘いがあったことにも触れたファインズ。ピアース・ブロスナンの就任前にバーバラ・ブロッコリ、カビー・ブロッコリの二人と話し合ったそうですが、「うまく行かなかった」とのこと。しかし、M役を演じられるのはハッピーだと感じているそうです。


3/14追記:レイフ・ファインズは同日開催のThe Guardianウェブチャットにも参加し、M役やボンド役についてファンからの質問に対応。フレミングの原作が好きだというファインズは、1950年代を舞台にした007映画であれば、自分もボンドを上手く演じられたかもしれない旨をコメントしています。