マーク・ストロング 007映画悪役を熱望も叶わず

マーク・ストロングは映画007シリーズ第25作『Bond 25』に出演しないようです。

最新出演作『シャザム!』の公開を控えたストロングは、英ITVの番組『This Morning』(2019年3月20日放送)にゲスト出演。

司会者から007映画の悪役の話題を振られると、アイコニックな同役をぜひ演じたいとコメント。主人公ボンド役を親しい友人であるダニエル・クレイグが務めているという状況にあるストロングですが、これまでのところ「上手くいっていない」とのことで、『Bond 25』でもその願いは叶わなかった模様です。

マーク・ストロングのパーソナル・トレーナーは、ダニー・ボイルが『Bond 25』の監督に就いていた2018年6月、自身のSNSアカウントでストロングの『Bond 25』出演を強く匂わせる文面を007映画関係のハッシュタグと共に投稿(既に削除済み)。この人物はストロングと非常に近い関係にある様子で、以前からストロング出演作品をタグ付けし投稿する習慣があり、当時はストロングの『Bond 25』出演の可能性が取り沙汰されました。

トレーナーが気まぐれでイタズラ発信したのか、一旦は決定したストロングの出演話がボイル監督辞任の混乱で立ち消えになったのか、謎は残ります。

参照:YouTube