『Bond 25』にQのネコが登場か

The Sunday Times(2019年3月24日付)は、ベン・ウィショーとのインタビューを掲載しています。

『007/スカイフォール』(2012)と『007/スペクター』(2015)で、ジェームズ・ボンドに秘密兵器を提供するQを演じたベン・ウィショー。次回作『Bond 25』への続投も決定していますが、ウィショーの話では、制作側はストーリーをどう仕上げるか、まだ調整を続けている最中のようです。

またウィショーは、『Bond 25』にQのネコが登場することになるかもしれない、と知らされたそう。

これを聞いたネコ好きのインタビュアー、クリッシー・アイリー氏は、“ロジャー・ムーア”と名付けた自分の飼いネコをオーディションに参加させたいと、ウィショーに頼み込んだようです。

するとウィショーは「パインウッドに来れる? ネコは眉毛を上げられる?」と質問。ボンド俳優ロジャー・ムーアは眉をつり上げる仕草を得意としトレードマークのようになっていましたが、ウィショーもこれを意識した上での問い掛けだったようです。

アイリー氏が「できる」と返答すると、ウィショーは「(プロデューサーの)バーバラ・ブロッコリに連絡しておくよ」と返答しています。

007/スペクター』では姿を見せなかったものの、Qはネコを2匹飼っていることが、ボンドとの会話で明らかになっています。007シリーズではQのプライベートな姿を描いておらず、その人物像は謎に包まれてきましたが、『Bond 25』は、過去作よりもQの性格を深く掘り下げるのかもしれません。

なお、ニューヨークで4月6日から5月19日まで行われる舞台『Norma Jeane Baker of Troy』では、マリリン・モンローの熱狂的なファンを演じるのだそうで、現在はそのリハーサル中。ウィショーは、映画『七年目の浮気』でモンローが着ていた、風で捲り上がるドレスのレプリカを着用するとのこと。

『Bond 25』の撮影は、この舞台の終了直後に参加するそうです。