VG(2019年3月26日付)によると、映画007シリーズ第25作『Bond 25』の撮影が、既にノルウェーで始まっているそうです。

場所はオスロ北のニッテダル。撮影地周辺はセキュリティが厳しく、記者も現場には近づけない模様。同サイトが掲載している写真には、スタッフの車両が写っており、「B25」のカードも確認できます。

公共放送局NRKは先日、ニッテダルでヘリコプターを使用する撮影が3月25日から4月2日の間に行われる旨を報道していました。

また、Dagbladetは、オスロ東のLutvann湖からの動画(3月25日撮影)を掲載。ダイバーがカメラを取り出す様子が映っています。

パインウッドでの『Bond 25』撮影開始日は3月4日と昨年公式発表されていましたが、脚本の修正作業が遅れた影響で日程は4月上旬へずれ込んだ模様。一方、ノルウェーでは凍った湖が溶け出す前に撮影を終わらせる必要があり、脚本完成を待たず先行撮影に入った可能性があります。