IndieWire(2019年3月29日付)によると、007シリーズ最新第25作『Bond 25』の撮影で使用されるカメラは、パナビジョンとIMAXカメラなのだそうです。

撮影監督リヌス・サンドグレンは、『Bond 25』で基本的にパナビジョンを使用するそうですが、アクション・シークエンスにおいては、IMAXカメラも使うとのこと。

ノルウェーで既に撮影の進行している様子は各メディアを通じて伝えられており、Daily Mail(3月29日付)が掲載した写真からは「IMAX」ロゴ付きのカメラが確認できます。

なお、サンドグレンにインタビューしたScreen(1月18日付)は『Bond 25』がデジタル撮影されると報道。IndieWireが指すパナビジョンとは、デジタル・カメラなのかもしれません。