Corriere del Mezzogiorno(2019年4月10日付)によると、『Bond 25』のキャリー・ジョージ・フクナガ監督は、南イタリアの都市マテーラでの視察を現在も続けているようです。

フクナガ監督は『Bond 25』ロケ地となるマテーラのサッシを4月9日早朝に訪問。俳優の動作も想定した綿密な打ち合わせを行なったようです。

監督がチェックした具体的な場所は、カザルヌオーヴォ地区、サン・ピエトロ・カヴェオーソ広場、サンタ・マリア・デ・イドリス教会。現場に居合わせたツアー・ガイドのMichele Zasa氏は監督と記念撮影したとのことで、非常にフレンドリーだったそうです。

監督ら視察団はサッシが一望できるムルジア・ティモーネ展望台へも移動。この近辺での撮影にはヘリコプターが使われる可能性があるそうで、マテーラはアクションが展開される『Bond 25』プレタイトル・シークエンスの舞台となる模様です。

フクナガ監督は4月14日頃までマテーラに滞在する模様。週明けには海沿いのマリーナ・ディ・ピスティッチへ移動する予定のようです。