『Bond 25』はダニエル・クレイグ最終作か バーバラ・ブロッコリ語る

Daily Mail Online(2019年4月26日付)は、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリとのインタビュー記事を掲載しています。

執筆者は007映画の独占スクープを数々放っているBaz Bamigboye氏。『Bond 25』の制作発表が行われた直後のジャマイカのゴールデンアイで二人に話を聞いています。

ブロッコリの話では、MeToo運動は007映画にも影響を及ぼしており、『Bond 25』はMeTooに対応した内容とのこと。ウィルソンは、元々007映画は時代に則してきた旨も語っています。一方で、ブロッコリは女性ジェームズ・ボンドを登場させるつもりはない事を強調。

『Bond 25』はクレイグのボンド最終作かとの問いに、ブロッコリは「彼はこれが最後の007映画と言ってる。残念ながら」と発言。今は『Bond 25』制作に集中しているところで、クレイグ後のことは全く考えられないらしく、戻ってくれるのなら嬉しいともコメント。プロデューサーとしては諦め切れていない様子です。

また、『Bond 25』に出演するラッシャーナ・リンチの役名はNomiで、非常に重要な役柄とのこと。アナ・デ・アルマスが演じるPaloma役はボンドの進む道を手助けするそうです。

ボンドの死を巡って揉めたことがダニー・ボイル監督の降板原因かと尋ねられると、ブロッコリは、ゴシップや噂についてはコメントできないと返答しています。


4/26追記:Daily Mail記事中の役名が修正されたため、本記事も同様に修正しました。