ピアース・ブロスナン出演『ザ・フォーリナー/復讐者』が日本公開

映画『ザ・フォーリナー/復讐者』が2019年5月3日から日本各地の劇場で公開されます。配給はツイン。

ロンドンや北アイルランドを舞台とした政治的緊張を背景に、爆弾テロで娘を失った料理店オーナーが復讐のプランを着々と進めます。

ベトナム戦争で特殊部隊員として戦っていた中国系移民の料理店オーナー、クァン・ノク・ミンにジャッキー・チェン。プロデューサーを兼任しエンディング・ソングも歌っています。5代目ボンドのピアース・ブロスナンはIRAと繋がりがあり、チェンのキャラクターに付きまとわれる北アイルランド副首相リーアム・ヘネシー役。

監督はブロスナンのボンド・デビュー作『007/ゴールデンアイ』とダニエル・クレイグの『007/カジノ・ロワイヤル』を手がけたマーティン・キャンベル。本作は、娘の為の復讐劇であるキャンベル監督作品『復讐捜査線』(2010)のトーンに近く、一方で政治色は更に濃く描かれています。

撮影監督に『007/ダイ・アナザー・デイ』のデヴィッド・タッターサル。2017年の英・中・米合作映画。