ダニエル・クレイグ ジャマイカでネコと『Bond 25』を撮影

ダニエル・クレイグはネコと共に007映画最新作『Bond 25』の撮影に挑んだようです。

The Sun(2019年5月4日付)によると、この撮影地はジャマイカのビーチ。同紙は現地発の写真を掲載しており、グレーのTシャツに短パンをはいたボンド役ダニエル・クレイグがピストルを構える様子や、葉巻を咥える姿が確認でき、Spirit Yachts社のヨットも写っています。

他にクレイグが魚を捌いてネコに与える場面も。クレイグはこの現場で長時間働いており、疲れが見えたとのこと。

Daily Mail Online(同日付)も同様の写真を掲載。ネコを「共演者」と表現しており、スクリーン上にこのネコが登場するかもしれません。

なお、この現場での撮影は5月4日(現地時間)頃に行われた模様です。