ダニエル・クレイグ ジャマイカにて『Bond 25』を裸姿で撮影

Daily Mail Online(2019年5月6日付)によると、ダニエル・クレイグは007シリーズ最新作『Bond 25』の撮影を裸姿で行ったようです。

撮影地はジャマイカ。この日は水中に入った状態で撮影に挑んだ模様。掲載されている写真には、タオルをかけ上半身裸で桟橋を歩くクレイグの姿が確認できます。

なお、同紙の記事では単に月曜(5月6日)の姿である旨を伝えていますが、ジャマイカ時間で日曜の撮影だった可能性があります(同記事の初公開時点でジャマイカは月曜・日の出前)。