シネマトゥデイ(2019年5月12日付)は、007シリーズ最新第25作『Bond 25』のキャリー・ジョージ・フクナガ監督との電話インタビュー内容を掲載しています。

インタビュー実施日はジャマイカで『Bond 25』の制作発表が行われた4月25日。

フクナガは『Bond 25』について話し合うため、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリからの依頼で約2年前に会っていたとのこと。

ダニエル・クレイグは同作続投を決断したのは2017年5月か6月頃と明かしており、クレイグの去就が明確になった直後の出来事だったと思われます。

その後、一旦はダニー・ボイルが監督に就任。ボイルの降板後にディスカッションが再開され、ようやくフクナガの監督就任に至ったとのこと。

『Bond 25』脚本は現在も修正を加えていることを認め、他の脚本家らとキャラクターやストーリーについて話し合っているとのこと。『Bond 25』をクレイグ=ボンド最終作という前提で撮ることはあまり考えていない様子です。

また、フクナガ監督はレア・セドゥの演じるマドレーヌ・スワンのキャラクターを『Bond 25』でさらに深く掘り下げる予定のようです。

この他、日系アメリカ人である監督は、日本についても語っています。