ダニエル・クレイグがジャマイカで足首負傷 『Bond 25』撮影が一旦中止に?

The Sun(2019年5月13日付)は、ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグが、007シリーズ最新第25作『Bond 25』をジャマイカで撮影中に足首を負傷したと伝えています。

クレイグはアクション・シーンを撮影中だったとのことで、走っている最中に滑って転倒、足首をひどく痛めたそうです。完璧主義者としても知られるクレイグは、自分に対して非常に腹を立てていたとのこと。

負傷後はアメリカへ飛び、検査を受けた模様。今週末に予定されていたイギリスのパインウッド・スタジオでの撮影は一旦中止になったようです。

ジャマイカでの『Bond 25』撮影は5月10日の時点で完了していることを、キャリー・フクナガ監督がInstagramで伝えています。

ダニエル・クレイグは『007/スペクター』でも膝を負傷、手術を受けてしばらく撮影が中断していました。今回の負傷は手術や長期休養を要する程度なのか不明です。