The Sun(2019年5月19日付)は映画007シリーズ最新第25作『Bond 25』でインティマシー・コーチが雇われたと伝えています。

インティマシー・コーチ/コーディネーターの役割は、ベッドシーンの監修や指導。制作者と俳優の間や俳優間に入り込み、相手に対しどこまで触っていいのか・触らせていいのか、どんな表現まで許せるのか、その線引きを手伝っているようです。

プロデューサーは『Bond 25』を最新の流れに合わせようとしており、#MeToo時代を迎えて007映画も変化したとのこと。

インティマシー・コーディネーターはダニエル・クレイグとアナ・デ・アルマスのシーンが書かれた台本をチェック、セットでも立ち会うそうです。007シリーズでこのコーチ/コーディネーターが雇われたのは『Bond 25』が初めてとのこと。

#MeTooの始まったハリウッドやイギリスでは同様の動きが急速に広まっている模様です。

なお、007シリーズのボンド・ガールはセックス・シンボルとして注目を浴びてきましたが、劇中での性描写は比較的マイルドで、アメリカでのレーティングは第1作から第15作までが年齢制限のないPG。第16作はアクション場面のバイオレンスが原因でPG-13となり、以降も全作このレートで続いていますが、性描写はPG時代からほぼ変化を見せていません。