The Sun(2019年6月5日付)によると、パインウッド・スタジオでの『Bond 25』撮影事故で、英国安全衛生庁(HSE)が調査を開始したようです。

パインウッドの007ステージは6月4日、火球を飛ばす撮影中に生じた爆発で屋根や外壁の一部が吹き飛び、スタッフ1名が軽傷を負いました。

HSEの係官は事故直後にパインウッドへ到着。安全管理に問題がなかったか調査を開始した模様。この為『Bond 25』の撮影は中断しているようです。

事故原因としては、弾筒から想定を超える量のガスが噴射されたとの情報があるそうです。また、事故現場は、イギリスのポートンダウンにある研究所の内部を思わせるようなセットとのこと。

スタッフは、破損した007ステージ内に残された撮影機材を取りに戻ることもできず、撮影計画に遅延が生じているようです。