Entertainment Weekly(2019年6月17日付)は、『Bond 25』のミス・マネーペニー役ナオミ・ハリスとのインタビューを掲載しています。

ナオミ・ハリスは6月19日からようやく『Bond 25』の撮影に参加するのだそうです。彼女はジャマイカでのプレス・イベントに姿を見せていましたが、同国ロケにはこのまま加わらずロンドンで撮影するとのこと。またフル台本をまだもらっていないそうで、『Bond 25』におけるマネーペニー役の全体像を把握しきれていない様子です。

足首の負傷で休暇中だったジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグも、今週から撮影に復帰することが発表されており、間もなくイギリスでナオミ・ハリスとのシーンの撮影に入るものと思われます。

またナオミは、ボンドとマネーペニーは男女関係にあるのかとの問いには、感情が芽生えていることは示唆しつつも、この二人はプロなので一線は超えられないと否定したようです。

なお、ナオミ・ハリスは当サイト管理人に対し、『007/スペクター』ではMがマネーペニーに、ボンドと恋仲なのかを問いただすシーンがあったものの、最終的にカットされたことを明かしています。