The Sun(2019年6月19日付)によると、『Bond 25』が撮影されているロンドン郊外のパインウッド・スタジオに6月18日、シルバー・カラーのアストンマーティン・ヴァルハラ(Valhalla)が到着、ダニエル・クレイグがチェックを行ったようです。

ヴァルハラのコードネームは「AM-RB 003」で、正式名称は同日に発表されたばかり。この新モデルは『Bond 25』にボンド・カーとして登場する模様。

また、007ステージで発生した爆発事故については、安全衛生庁(HSE)の調査が18日に完了。追加調査は必要がないとのことで、撮影継続に事実上のゴーサインが出たようです。

なお、ダニエル・クレイグは足首を痛め手術を受けていましたが順調に回復している様子で、既に固定具は外れているとのこと。そして主要キャストの一人、ダリ・ベンサーラは自身のInstagramにパインウッドのセット写真を18日に投稿。マネーペニー役のナオミ・ハリスも19日から『Bond 25』の撮影に入ることが明らかになっており、同作の撮影はいよいよ軌道に乗ってきたようです。

ヴァルハラのボンド・カーとしての発表は今週中に行われる模様で、『Bond 25』題名の発表もそろそろあるかもしれません。