映画007シリーズ公式サイト(2019年6月20日付)によると、チャールズ皇太子が同日、パインウッド・スタジオの『Bond 25』セットを訪問、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリから案内を受けました。

MI6内部と思われる『Bond 25』セットでは、皇太子が主演のダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ラッシャーナ・リンチ、キャリー・フクナガ監督らを訪問。

公開された写真に写っているのは、グレーのスーツ姿のダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ、フクナガ監督がMの執務室らしき部屋で皇太子と談笑する姿。皇太子は、秘書マネーペニーの部屋と思われるセットにいるナオミ・ハリスとノミ役ラッシャーナ・リンチとも挨拶されています。

プロデューサーらが立っているのはMI6内部の廊下と思われ、『007/スペクター』予告編にも映っていた、ボンドが歩く廊下のデザインに似ています。

『Bond 25』では007シリーズで初めて研修スタッフ受け入れ制度を導入したとのことで、チャールズ皇太子は007プロデューサーらが設立した映画学校London Film Schoolなどの学生にも会われています。

なお、同サイトはアストンマーティンDB5とV8が『Bond 25』に登場すると発表しています。

Daily Mail Online(同日付)の記事には、顔に傷のあるダニエル・クレイグの写真がアップで掲載されていますが、これは特殊メイクとのこと。ナオミ・ハリスの背景には、ジュディ・デンチが演じていたMの肖像画が飾られています。

チャールズ皇太子は『007/リビング・デイライツ』(1987)の際にもセットを訪問。同行したダイアナ妃から小道具の瓶で頭を殴られていました。


6/21:表現の修正、及びDaily Mail記事を追記しました。


6/21追記
イギリスの5 Newsはチャールズ皇太子訪問の映像(20分間以上)をYouTubeに投稿。この中で、ダニエル・クレイグは皇太子にDB5を紹介。『Bond 25』で飾られているM執務室の絵画は、第1作『007/ドクター・ノオ』のそれに酷似しています。また、皇太子は特殊効果のクリス・コーボールド、コスチューム・デザイナーのスティラット・ラーラーブとも挨拶。クレイグは皇太子に、撮影は約3分の1を終えたところで10月までかかると答えています。


6/21追記
People.com(6月20日付)掲載の写真には、「Palacio Velazquez」(ベラスケス宮殿)と名付けられたセットの前に立つチャールズ皇太子が写っています。舞台の一つとして噂になっているキューバの街を模しているのかもしれません。


6/21追記
007公式Instagramの映像では、『007/スペクター』に似たQのラボらしきセットが映っています。


6/21追記
ラッシャーナ・リンチの役名を訂正しました。