ダニー・ボイル監督は007シリーズ第25作『Bond 25』で、小説『ロシアから愛をこめて』のプロットの一部を組み込んだストーリーを目指していた可能性があります。

The Playlist(2019年7月3日付)は、『Bond 25』監督を降板したダニー・ボイルとのインタビューを掲載。

この中でボイルは、少年の頃からイアン・フレミングの原作小説の熱狂的なファンだったことをコメント。何もないような小さな町で育ちカトリック・スクールに通っていたボイルにとって、セックスとバイオレンスに満ちた007小説は救いでもあったようです。

一番好きなイアン・フレミングの小説は何かと尋ねられると、ボイルは『ロシアから愛をこめて』だと即答。

映画シリーズも全作鑑賞しており楽しんだそうですが、本当に好きなのは原作の方だとのこと。『Bond 25』でも、原作好きのボイルの考えを反映させた企画を話し合っていたそうです。

ここでは『Bond 25』のストーリー内容について具体的に触れなかったようですが、同作はロシアを敵とする現代版冷戦がテーマで、ボンドが死ぬ筋書きとの有力な噂は流れていました。

ボイルの愛読書『ロシアから愛をこめて』では、冷戦下のイギリスとロシアの対立軸を描く物語が展開。エンディングは、スメルシュのローザ・クレッブがジェームズ・ボンドを攻撃。映画『007/ロシアより愛をこめて』ではハッピー・エンドになりますが、原作のボンドは倒れこんで息も絶え絶えの状態になり、読者に死を連想させる場面で終わっています。