映画007シリーズのTwitterInstagramは2019年7月12日、ロンドンのハマースミス・ブリッジ近辺で同日、007最新作『Bond 25』が撮影された旨を投稿しました。カチンコのシーン番号は155。全編の尺が不明ですが、物語の後半で終幕に近いシーンの可能性があります。

Daily Mail OnlineExpress.co.uk(同日付)は、いずれも撮影現場ハマースミスからの写真を掲載。キャリー・フクナガ監督や、ボンド役ダニエル・クレイグ、M役レイフ・ファインズ、タナー役ロリー・キニアらが写っています。クレイグはサングラスにスーツ姿。パインウッド・スタジオやホワイトホールの撮影で着ていたスーツよりもやや濃い色に見えます。ファインズとキニアはスーツの上にコートを着用。この他、『Bond on Set』で知られる写真家グレッグ・ウィリアムズの姿も。

この具体的な撮影場所は、ハマースミスの19 Lower MallにあるボートクラブFurnivall Sculling Club前のようです。また、近隣のパブThe Rutland Armsのサインも確認できます。