Bild.de(2019年8月13日付)によると、イタリアのマテーラで撮影される『Bond 25』には、人型のゴミが登場するかもしれません。

マテーラのサッシ地区ではドイツ人アーティスト、HAシュルトによるインスタレーション『Trash People Matera』が8月24日から10月27日まで開催予定。廃棄物から作られた人形1,000体を屋外展示するこのイベントは、ゴミ問題の啓発を意識。これまでにも万里の長城やピラミッドなど世界各地で行われてきました。

この展示と『Bond 25』撮影は時期と場所が重なることに。HAシュルトはどうなるか分からないと語ったようですが、『Bond 25』劇中にゴミ人間が現れる可能性もあるようです。

24日のオープニング・ナイトには、HAシュルトが世界中からゲストを招いているそうで、ボンド役のダニエル・クレイグも参加する模様です。