SassiLive(2019年8月16日付)によると、映画007シリーズ最新作『Bond 25』のイタリア・マテーラでの撮影計画に遅れが生じているようです。

当初の計画では『Bond 25』のマテーラでの撮影開始日は8月26日だったものの、これが9月第1週に変更されたとのこと。同地での撮影終了予定日も10月上旬へとずれ込んだ模様。待機中の800人のエキストラには、既にその旨の連絡が入ったそうです。

マテーラのシーンの多くはスタントマンが担当するそうで、ボンド役のダニエル・クレイグが同地に滞在する期間は短いようです。

Aston Martin DB5 in Matera
マテーラに到着のアストンマーティンDB5

同サイトは、現地に到着したと思われるボンドの愛車アストンマーティンDB5の写真を掲載。マテーラやその周辺では、DB5を巻き込んだプレタイトル・シークエンス向けの派手なアクションが展開される見通しです。

この他、マテーラではロールスロイスも使われる模様です。

Photo courtesy: www.SassiLive.it