Deadline(2019年9月8日付)によると、アナ・デ・アルマスの『No Time To Die』撮影スケジュールは、ダニエル・クレイグの負傷が原因で大幅に変更されたようです。

ダニエル・クレイグは今年5月にジャマイカで撮影中、左膝を負傷。手術と休養を余儀なくされました。この際、デ・アルマスの出演場面が短くカットされたとのこと。

スケジュールに空白が生じたことで、アナ・デ・アルマスは急遽ロサンゼルスへ戻り、Netflix映画『Blonde』の撮影にマリリン・モンロー役で参加。9月7日からはトロント国際映画祭に参加し、ダニエル・クレイグと共演した『Knives Out』のプレミアなどのイベントに顔を出していますが、そのあとは『Blonde』撮影に戻り、『No Time To Die』には3週間後に復帰予定のようです。