Daily Mail Online(2019年9月18日付)によると、ボンド・ガールのレア・セドゥが9月17日、イタリアのマテーラに作られたホテル・バルコニーのセットで『No Time To Die』を撮影したようです。

掲載されている写真のレア・セドゥは、白いガウン姿。ガウンを脱いで太腿を露わにした様子も写っています。撮影は夕暮れ時から夜にかけて行われた模様。手元で火を灯すところも確認できます。

このバルコニーは石造りに見えますが、実際は木造のセット。マテーラのサッシが一望できるピアッツァ・ジョヴァンニ・パスコリ(Piazza Giovanni Pascoli)の展望台に突き出る形で作られました。

なお、この日はダニエル・クレイグも別の場所で格闘シーンを撮影したとのことです。