Men’s Health(2019年11月19日付)は、英国俳優ヘンリー・カヴィルとのインタビューを掲載しています。

2005年のジェームズ・ボンド役オーディションを振り返ったカヴィル。スクリーン・テストでは、ショーン・コネリーの007映画からのワンシーンを再現。タオルを身に付けてバスルームから出てくる場面を演技したとのこと。

カヴィルには、もっと準備をしておくべきだった、と後悔の念が残っているようで、監督のマーティン・キャンベルからは「そのへんがちょっとぽっちゃりしているようだ」と言われたそうです。

その時まではトレーニングやダイエットの方法がよくわからなかったそうで、監督の指摘には感謝しているとのことです。