第62回グラミー賞授賞式が2020年1月26日、ロサンゼルスで開催され、ビリー・アイリッシュが主要4部門などで受賞を果たしました。

受賞結果は以下の通りです。

年間最優秀レコード賞:『bad guy』
年間最優秀アルバム賞:『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』
年間最優秀楽曲賞:『bad guy』
最優秀新人賞
最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞:『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』

なお、ユニバーサル・ミュージックによると、18歳のビリー・アイリッシュによる主要4部門独占は史上最年少記録で、クリストファー・クロス以降39年ぶりとなる史上2回目、女性としては初とのことです。

また、兄のフィニアスも上記のうち最初の3部門を共同受賞。加えて、年間製作者賞と最優秀アルバム技術賞も受賞しています。

Billboard(1月26日付)は受賞直後のフィニアスにインタビュー。ビリーとフィニアスはこれまで両親の家で曲作りをしていたものの、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』主題歌についてはアメリカ中を旅している途中に全部作ったのだそうです。

この主題歌の詳細を尋ねられると、「契約があって何も話せない」としながらも「映画が素晴らしいことは言える」とし、「楽曲を披露できるのがとても楽しみだ」と語っています。