IMDb(2020年1月27日付)は『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のQ役ベン・ウィショーとのインタビュー動画を掲載しています。

アメリカで開催中のサンダンス映画祭にて最新主演映画『Surge』を宣伝中のウィショーは、同作のアニール・カリア監督と共にIMDbのインタビューに参加。

途中から『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』について尋ねられると、撮影は既に完了しており、ガジェットも出てくるとコメント。次回作以降への続投については、007映画の出演は3本契約になっており、Qとしての出演は今作が恐らく最後になるだろうと語りました。

007シリーズではデズモンド・リューウェリンがQとして初代ボンドのショーン・コネリーからピアース・ブロスナンまで5人のボンド俳優と共演。次回作『Bond 26』で新ボンド俳優が就任したとしても、プロデューサーや監督の意向次第で再びQ役オファーが入る可能性があります。