The Sunday Times(2020年3月8日付)は、ダニエル・クレイグら『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』キャストとのインタビューを掲載しています。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』でジェームズ・ボンド役を降板する予定のダニエル・クレイグ。「正直言って、辞めるのは非常に残念だ」と率直な心境を明かしました。

7代目ボンド俳優については、誰になるのか楽しみにしているそうで、「自分はボンド・ファンであり、昔からそうだった。今もそうなんだ」とコメントしています。

また、マーベル作品がCGを多用している旨の例を挙げ、007のような映画は他にないとも語っています。