映画007シリーズ公式007Storeは、最新第25作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』で使用された能面(能面風マスク)のレプリカを発売しました。発送は2021年9月から。

能面は、出自が日本と関係のある悪役サフィン(ラミ・マレック)が着用しているもの。同作のコスチューム・デザイナー、スティラット・ラーラーブがデザインしました。

今回発売となったレプリカは、Factory Entertainment社が小道具のオリジナル3Dデータを活用し、忠実にビジュアルを再現。エポキシ樹脂製でディプレイ用途を前提とし、小道具よりも重量を加えています。

完全版(295ポンド、限定数500点)に加え、映画同様のダメージが加えられたフラグメンテッド版(295ポンド、限定数500点)、ツインセット(695ポンド、限定数100点)の3種類があります。いずれも007Store限定商品。

NO TIME TO DIE SAFIN MASK PROP REPLICA

NO TIME TO DIE Safin mask prop replica © 007Store
NO TIME TO DIE Safin mask prop replica © 007Store

NO TIME TO DIE SAFIN MASK PROP REPLICA – FRAGMENTED EDITION

NO TIME TO DIE Safin mask prop replica fragmented edition © 007Store
NO TIME TO DIE Safin mask prop replica fragmented edition © 007Store

NO TIME TO DIE SAFIN MASK PROP REPLICA – TWIN SET

NO TIME TO DIE Safin mask prop replica twin set © 007Store
NO TIME TO DIE Safin mask prop replica twin set © 007Store

能面サイズは、縦26.7センチ、横17.7センチ、奥12.7センチ。

付属品は、取り外し可能な面紐、証明書兼ブックレット、シリアル番号プレート付きの木製ディプレイ・スタンド、ボックス。

レプリカ発売を機に、007映画公式Twitter(2021年8月16日付)は、スティラット・ラーラーブが能面について語る動画を新たに公開。これには、サフィンの姿を新たな角度から撮した新映像も含まれています。

Special thanks to 007Store
Photos courtesy: 007Store