Radio Times(2021年9月21日付)は、現役ボンド俳優ダニエル・クレイグとのインタビューを掲載しています。

女性がジェームズ・ボンド役を演じることについての意見を尋ねられたクレイグは、答えは簡単だ、と返答。

続けて「女性や有色系俳優には別の良い役があるはず。女性にもジェームズ・ボンド同様の良い役があるはずなのに、なぜ女性がボンドを演じなければならないのか?」と語ったようです。

なお、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリは別のインタビューで、女性をボンド役に起用するアイディアには反対的な立場である一方、有色系男性は可能性がある旨を語っていました。

最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』には女性の脚本家としてフィービー・ウォーラー=ブリッジが起用されましたが、彼女の役目は刺激を加えることであり、ボンドを変えるために呼ばれた訳ではない、とのことです。