ダニエル・クレイグがブロードウェイの舞台『Macbeth』に主演するようです。

Macbeth』公式サイト

ダニエル・クレイグが演じるのは主役のマクベス。夫人役はルース・ネッガ。演出はクレイグの『Othello』も手がけた、サム・ゴールド。

プレビューを含む公演期間は、2022年3月29日から7月10日までの15週間限定。会場はニューヨークのLyceum Theatre。

公式サイトでは既にチケットの販売が始まっています。

The New York Times(2021年9月29日付)によると、メインのプロデューサーは、イオン・プロダクションのバーバラ・ブロッコリ。クレイグは以前からマクベスを演じたいとブロッコリに語っていたのだそうで、数年間に渡って温めてきたプロジェクトのようです。

ブロッコリは、16年間共に仕事をしてきたボンド役のダニエル・クレイグに別れを告げるのは辛いとし、再び彼の舞台が用意できたことに満足気です。

なお、ブロッコリはブロードウェイでミュージカル『Sing Street』を2020年3月にオープンする計画があったものの、コロナ禍で中止になったそうです。