Universal Pictures Home Entertainmentが『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ディスク発売に関するプレスリリース(2021年11月16日付)を出しています。

アメリカでは『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の4K Ultra HD、Blu-ray、DVDが12月21日発売予定。

アスペクト比は各ディスク共通でアナモルフィック・ワイドスクリーンの16:9、2.39:1。

ボーナス特典の内容は以下の通りです。

ANATOMY OF A SCENE: MATERA
アストンマーティンDB5が活躍するチェイスが敢行されたマテーラが舞台のプレタイトル・シークエンス撮影の舞台裏映像。ダニエル・クレイグやキャリー・ジョージ・フクナガ監督のインタビューや、主なスタッフの撮影現場での解説を含む。

KEEPING IT REAL: THE ACTION OF NO TIME TO DIE
CGに頼らない007映画伝統のリアルなアクション・シーン撮影の手法を解説。

A GLOBAL JOURNEY
ジャマイカ、イタリア、ノルウェー、スコットランドなど、各ロケ地の解説。ダニエル・クレイグ、キャリー・フクナガ監督や主なスタッフが語る。

DESIGNING BOND
プロダクション・デザイナーのマーク・ティルデスリー、コスチューム・デザイナーのスティラット・アン・ラーラーブなどがデザインのコンセプトや衣装などを語る。

BEING JAMES BOND
ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役を演じてきた15年間を総括する45分間ドキュメンタリー。『007/カジノ・ロワイヤル』のボンド役オーディション風景など未公開映像を織り交ぜながら、クレイグ本人やプロデューサーがクレイグ=ボンドの歩みを振り返る。日本では『ジェームズ・ボンドとして』の邦題で配信・放送されたもの。4K UHD限定特典。

なお、この発表に合わせた宣伝映像もユニバーサルから公開されています。

No Time to Die | Blu-ray – 4K UltraHD – DVD – DEC 21


11/17追記
Universal公式サイトで掲載されているプレスリリースのリンク追加に伴い、一部文章を変更しました。