<スポイラー注意>

ポーランドのファンサイト「jamesbond.com.pl」(2022年3月11日付)によると、映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』終盤で活躍するダブルオー・エージェントのノーミのコードネームは「005」のようです。

ラシャーナ・リンチの演じるノーミは『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に新「007」として登場。敵地へ向かう途中に自らそのコードネームを返上、ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)が再び「007」となります。その後、ノーミの新たな番号は明示されないまま、映画は終わりました。

しかし、任務遂行中のボンドとノーミの位置情報を示す画面では、ボンドに識別記号としてギリシャ文字の「Ψ」(700の意)がQによって振られ、ノーミには「Φ」(500)が付けられていました。ファンサイト運営者のPrzemek Bartnik氏がポーランドの映画祭に出席したキャリー・ジョージ・フクナガ監督に、ノーミは「005」ではないかと尋ねたところ、監督はこれがイースター・エッグであり「005」の設定になっている旨を認めたそうです。