The Times(2022年3月22日付)は、アメリカの俳優トロイ・コッツァーとのインタビュー記事を掲載しています。

『コーダ あいのうた』でアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされているコッツァー。

3月13日に開催された英国アカデミー賞の授賞式では助演男優賞を獲得。受賞スピーチ時に「ろう者のジェームズ・ボンドはどうかな?」と銃を構える仕草を見せながらジョークを披露、会場を沸かせました。

Troy Kotsur makes history as first deaf male actor to win a BAFTA

トロイ・コッツァーは授賞式のアフターパーティーに参加。そこでイオン・プロダクションのバーバラ・ブロッコリから、オーディションに参加しないかと誘われたそうです。

そして、ブロッコリに「もちろん! 悪役をやれるかな?」と返答したとのこと。

また、コッツァーは007映画が大好きとのこと。「ろう者にとって、アクション満載で非常にビジュアル的」なことが理由のようです。


3/24追記
コッツァーの発言内容を修正しました。