7777 のすべての投稿

クリストファー・ノーランに『Bond 25』と『Bond 26』の噂

Reddit(2017年12月7日付)に、007シリーズ次回作『Bond 25』とそれに続く『Bond 26』に関する興味深い噂が投稿されています。

ニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドの書いた『Bond 25』脚本はダニエル・クレイグの最後に相応しいもので、ヤン・ドマンジュの監督する公算が高いと見られていたようですが、契約はせず数ヶ月に渡って保留状態に。その間もイオン・プロダクションはドゥニ・ヴィルヌーヴなど複数の監督候補者の検討を続けているようです。

そこへクリストファー・ノーランが参上し、独自アイディアを披露。イオン側はこれを気に入ったようで、古い脚本を破棄する可能性があるとのこと。ノーランは『Bond 25』に何らかの形で関与し、『Bond 26』で監督として参加するかもしれないとのことで、基本的にイオンは様々な可能性を模索中の段階にあるそうです。

また『Bond 25』完成後には、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンが引退し、イオン・プロダクションが保有する007シリーズの権利を売り渡す可能性が高いことも指摘しています。

このRedditユーザーは、ヤン・ドマンジュが『Bond 25』監督候補者になっていることを、映画業界サイトが報じる1年前に指摘済み。自身は英国映画界とのコネクションがあることを示唆していますが、真偽の程は定かではありません。

「オフィシャル・ベルヴェデール007マティーニ」が発表に

映画007シリーズ公式サイト 007.com は2017年12月7日、ベルヴェデールとイオン・プロダクションがパートナーシップを締結したと発表しました。これにより「The Official Belvedere 007 Martini」が世界各地のバーで提供されることになります。

「007 Martini」のレシピは、ステアでなくシェイクしたベルヴェデール・ウォッカ(60ml)とドライ・ベルモット(10ml)にレモン・ピールを絞って添えたもの。ウォッカ・マティーニは、ジェームズ・ボンドが映画の中で飲むカクテルとして知られています。

ベルヴェデールは、『007/スペクター』でも同様のパートナーシップを結んでいました。

ヒュー・ジャックマン ボンド役辞退を説明

Variety(2017年12月5日付)は、ヒュー・ジャックマンとのインタビューを掲載しています。

『X-MEN』シリーズのウルヴァリン役を得た経緯などを明かしたジャックマンは、ジェームズ・ボンド役を断った理由についても語りました。

エージェントから電話が入り、ボンド役への興味の度合いを尋ねられたのは、『007/ダイ・アナザー・デイ』を最後にピアース・ブロスナンが引退した後。ジャックマンは、その頃の007映画は現実味を失ってクレイジーな筋書になっていると、感じていたそうです。

もっとリアルな映画にできないのかと訊いたところ、エージェントからは「意見できる立場にはなく黙ってサインするしかない」と言われたのだとか。

また、話があったのは『X-MEN2』の撮影間近で、ウルヴァリンとボンドの二役を演じる時間的余裕がなかったとも語っています。

ジャックマン辞退後、ダニエル・クレイグが6代目ジェームズ・ボンドとなり『007/カジノ・ロワイヤル』が作られましたが、その作風は過去よりもリアルに。続く作品もボンド俳優クレイグの意見が色濃く反映。皮肉にも、ジャックマンが思い描いたような007映画が実現することになりました。

なお、ジャックマンはボンド役辞退後、本気とも冗談とも受け取れる表現で、ボンド役がやりたい旨の発言を度々しています。

ブレイク・ライヴリー 『The Rhythm Section』撮影中の怪我で制作中断

The Hollywood Reporter(2017年12月4日付)によると、ブレイク・ライヴリーが映画『The Rhythm Section』の撮影中に手を負傷しました。

制作会社側が同誌に伝えた内容では、アクション・シーンを撮っている際の事故で、制作は中断しているとのことです。

12月3日には、アイルランドの首都ダブリンの街中で、ジュード・ロウと共にロケ参加しているブレイク・ライヴリーの様子が目撃されていました。

ジュード・ロウ アイルランドで『The Rhythm Section』撮影に参加

Daily Mail Online(2017年12月3日付)によると、ジュード・ロウが12月3日、アイルランドで映画『The Rhythm Section』の撮影に参加したようです。

彼の役柄は不明ですが、主人公ステファニー・パトリックを演じるブレイク・ライヴリーと共に、ダブリンの街頭で行われたロケ撮影に挑む様子が目撃されています。

『The Rhythm Section』は映画007シリーズで知られるイオン・プロダクションが制作のスパイ・スリラー。監督はリード・モラーノ。パラマウント配給で2019年2月22日に北米公開予定となっています。

007次回作『Bond 25』の監督にクリストファー・ノーラン?

スペインのファン・サイト Archivo 007(2017年12月2日付)は、007シリーズ次回作『Bond 25』監督に、クリストファー・ノーランの起用される可能性が高いと指摘しています。

同サイトは、米英の異なる筋から得た情報として、ノーランが『Bond 25』の作業を開始しており、公式発表の時期は2018年1月か2月頃になりそうだと伝えています。

このサイトは先月にも、複数のノーラン作品でスタント・コーディネーターを務めてきたトム・ストラザーズが、『Bond 25』に登用される可能性の高いことを報じていました。

007ファンで知られるクリストファー・ノーランは、007プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンやバーバラ・ブロッコリらと、数年間に渡って007映画監督就任の協議をしていたことを認めており、話し合いは少なくとも『007/スカイフォール』制作前から始まっていた模様です。

以前からノーランには、新しい俳優を使って007映画をやりたいとの希望があるとされていますが、『Bond 25』ではダニエル・クレイグの続投が既に決定済み。ノーランが心を変えて、クレイグ=ボンド作品の監督を手がけることにしたのか、その去就が注目されます。

ロジャー・ムーア著『The 007 Diaries』が2018年6月に出版へ

The 007 Diaries: Filming Live and Let Die
Photo courtesy: The History Press

イギリスの The History Press は、ロジャー・ムーア著『The 007 Diaries: Filming Live and Let Die』を2018年6月1日に発売します。

『The 007 Diaries』は、1973年7月に出版された『Roger Moore as James Bond 007』を改題し、限定版と銘打って再発行するもの。内容は、ムーア=ボンドの記念すべき第1作『007/死ぬのは奴らだ』の撮影日誌。1972年に新ジェームズ・ボンドとして発表されてから、ニューオリンズでの初シーンに参加し最後のシーンをニューヨークで撮り終えるまでの体験を、ロジャー・ムーア自らがユーモアを交えて記しています。

007シリーズでは、これまでにも舞台裏本や写真集などの公式本が作品公開時に出版されていますが、ボンド役俳優が撮影日誌を出したのは、後にも先にも本書のみです。


11/30 追記:The History Press によると、今回発表された本書はハードカバーで、3,000部限定発売とのことです。Special thanks to The History Press

『Bond 25』ボンド・ガールのオーディション開催中か

Herald Sun(2017年11月25日付)によると、007映画次回作『Bond 25』に登場するボンド・ガールのオーディションが既に始まっているようです。

オーディションへの参加を明かしたのは、モデルのエイジャック・デング。残念な結果だったようですが「とても良い経験だった」とコメント。断りの理由として「可愛すぎる」と言われたとのことで、ボンド・ガールは複数登場する模様です。

エイジャック・デングはスーダン生まれのオーストラリア育ち。モデルとして活躍してきましたが、現在は演技の勉強もしているそうです。

これまでに公式発表された『Bond 25』のキャストは、主人公ジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグのみで、監督も未発表です。

メル・ギブソン ジェームズ・ボンド役辞退を語る

Express.co.uk(2017年11月23日付)によると、メル・ギブソンがテレビ番組で、ジェームズ・ボンド役のオファーを辞退した経験について語ったようです。

オファーのタイミングはロジャー・ムーアがボンド役を引退した後。ギブソンは「20代の頃に頼まれたが、ただやりたくなかった」と説明した模様です。

なお、1970年代に007シリーズの脚本家として活躍したトム・マンキーウィッツは自叙伝の中で、ユナイトから「メル・ギブソンがボンド役をやりたがっている」との連絡を受けた経験を披露。1億ドル超の興収があれば続投するとの具体的条件もあったとし、ユナイト側は乗り気だったようです。しかし、プロデューサーのアルバート・R・ブロッコリは反対。ギブソンを起用すれば「ジェームズ・ボンド映画」でなく「メル・ギブソン映画」になってしまうと憂慮していたそうです。他に、ブロッコリがアメリカ人や背の低い俳優の起用に消極的であったことも伝えられています。

ギブソンは、ティモシー・ダルトンがボンド役を降板した90年代にも、次のボンド役候補者として騒がれていました。

ギブソンがゲスト出演のトーク・ショー『The Graham Norton Show』はイギリスで11月24日夜(現地時間)に放送予定です。

ダニエル・クレイグ出演『ローガン・ラッキー』 日本の劇場で公開開始

映画『ローガン・ラッキー』が日本の劇場で2017年11月18日から公開されています。

カーレース開催中に大金を盗もうと企む者たちのクライム・ドラマ。出演はジェームズ・ボンド俳優ダニエル・クレイグの他に、チャニング・テイタム、アダム・ドライヴァー、ライリー・キーオ、ヒラリー・スワンクなど。監督はスティーヴン・ソダーバーグ。日本配給はソニー・ピクチャーズエンタテインメント/STAR CHANNEL MOVIES。