7777 のすべての投稿

『Bond 25』脚本をジョン・ホッジが執筆中

Deadline(2018年2月21日付)によると、ダニー・ボイルと手を組んだジョン・ホッジは、007シリーズ次回作『Bond 25』の脚本を書いている最中のようです。

ダニー・ボイルは『Bond 25』監督の有力候補者として昨日報道されましたが、ボイルは007映画用に特定のアイディアを温めており、『トレインスポッティング』などボイル監督作品の多くで脚本を担当してきたジョン・ホッジがそれに基づいた脚本を執筆中とのことです。

MGMとイオン・プロダクションは、完成したホッジ脚本の出来が良ければ採用し、ダニー・ボイルを監督に据えたいと考えているとのこと。ホッジ脚本が不採用となれば、ボイル本人も監督を手がける意志はないそうです。

この場合、MGM /イオン側はニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドが先に執筆した脚本を採用し、ヤン・ドマンジュ、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、デヴィッド・マッケンジーなど別の候補者に監督を依頼する計画があるそうです。

ホッジの脚本は完成するまであと数ヶ月を要する模様で、報道通りに進めば、それまでは監督不在の期間が続くことになりそうです。

『Bond 25』監督の有力候補にダニー・ボイル

Variety(2018年2月20日付)によると、007シリーズ次回作『Bond 25』の監督候補として、ダニー・ボイルが検討されているそうです。

これまで、新鋭ヤン・ドマンジュが最有力候補者だったようですが、MGMやイオン・プロダクションはより著名な監督を求める方針に舵を切った模様。

ボイルは候補者リストの上位にいるとのことですが、今のところオファーはされていないそうです。

なお、同紙はダニー・ボイルが『Bond 25』に強い関心を抱いており常に007映画の監督就任を望んでいたと紹介していますが、『007/スカイフォール』(2012)公開後に当人は、大作である007映画の監督には興味がない旨を発言しています。

ダニー・ボイルは2012年のロンドン・オリンピック開会式の演出を担当。ジェームズ・ボンドをダニエル・クレイグが演じ、エリザベス女王は本人が登場。『007/私を愛したスパイ』風のパラシュート降下を披露し観衆を沸かせました。

ダニエル・クレイグ&ハル・ベリー共演映画『Kings』予告編が公開に

Yahoo! で2018年2月20日、映画『Kings』の予告編が公開されました。

『Kings』は、『007/ダイ・アナザー・デイ』のボンド・ガール、ハル・ベリーとボンド俳優ダニエル・クレイグが共演。監督&脚本はデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。北米で4月27日劇場公開とのことです。

ダニエル・クレイグ 英国アカデミー賞授賞式でプレゼンターを務める

第71回英国アカデミー賞の授賞式が2018年2月18日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されました。ジェームズ・ボンド俳優ダニエル・クレイグは作品賞のプレゼンターとして参加、『スリー・ビルボード』が同賞を受賞しています。

ミス・マネーペニーとしてお馴染みのナオミ・ハリスはパトリック・スチュワートと共に監督賞のプレゼンターを務めました。受賞者はギレルモ・デル・トロで、『Bond 25』監督候補として話題になったドゥニ・ヴィルヌーヴ(『ブレードランナー 2049』)とクリストファー・ノーラン(『ダンケルク』)は同賞を逃しています。また、『007/慰めの報酬』のボンド・ガール、ジェマ・アータートンは新人賞のプレゼンターを務めました。

この他、イオン・プロダクションが制作した『Film Stars Don’t Die in Liverpool』は複数のカテゴリーでノミネートされていましたが、受賞には至りませんでした。

参照
BAFTA – YouTube
Screen
Radio Times

クリストファー・ノーラン 『Bond 25』監督就任の噂を否定

Daily Mail Online(PA、2018年2月18日付)によると、クリストファー・ノーランは、007シリーズ次回作『Bond 25』を自身が監督するとの噂を否定したようです。

クリストファー・ノーランは2月18日11時15分(ロンドン時間)から放送予定の BBC Radio 4 の番組『Desert Island Discs』に出演。この番組では、もし無人島に行くなら持ち込みたい音楽などをゲストに尋ねていますが、ノーランは『女王陛下の007』のサウンドトラックなどを挙げたようです。

話題が2019年公開予定の『Bond 25』の監督に及ぶと、ノーランは「自分じゃない、全く違う」と否定。プロデューサーのバーバラ・ブロッコリやマイケル・G・ウィルソン、それにサム・メンデス監督は素晴らしい仕事をしている、と評価した上で、自分は特に必要とされている訳ではない、とコメント。しかし、007シリーズからは常にインスピレーションを受けており、いつの日かぜひ監督したい、と語ったようです。

クリストファー・ノーランはこれまでに007プロデューサーらと複数回面談していることを公言。昨年から彼が『Bond 25』を監督するとの噂が度々流れており、ファンの間では、アカデミー賞の会員投票締切り後か受賞式前後のタイミングで、ノーラン起用の発表があるのではと期待する向きがあります。

レア・セドゥ 『Bond 25』には出演せず?

The Hollywood Reporter(2018年2月14日付)によると、『007/スペクター』のボンド・ガール、レア・セドゥが映画『The Story of My Wife』に出演するようです。

監督はエニェディ・イルディコー。夫婦愛を描くドラマで、レア・セドゥは主役級の役柄の模様。撮影は2019年からパリ、ハンブルグ、ブダペスト、南イタリアと4カ国にまたがって行われるとのことです。

一方、007シリーズ次回作『Bond 25』も2019年に撮影される見込み。レア・セドゥが『The Story of My Wife』の契約を済ませたことで、『Bond 25』には出演しないのかもしれません。

『Bond 25』の配役でこれまでに公式発表されているのは主人公ジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグのみ。あらすじも未発表ですが、クレイグ=ボンド作品のストーリーはそれぞれ繋がっており、『007/スペクター』もセドゥが演じるマドレーヌ・スワンの再登場を予期させるエンディング。その為か、『Bond 25』も『007/スペクター』の続編的な内容になることを示唆する噂が流れていました。

ダニエル・クレイグ マイカーのアストンマーティンを競売に

Reuters(2018年2月15日付)によると、ボンド俳優ダニエル・クレイグが自己所有のアストンマーティンをオークションに出品します。

車種はヴァンキッシュで、2013年に創立100周年を迎えたアストンマーティン社が100台限定で製造した記念モデル。クレイグ所有の車はシリアルナンバーが「007」。

車体の色はミッドナイト・ブルー。内装はダーク・ブルーのレザーで、クレイグの好みに合わせたものだそうです。

オークションはニューヨークのクリスティーズにて4月20日に開催され、売上はダニエル・クレイグ&レイチェル・ワイズ夫妻が支援する慈善団体に贈られるとのことです。


2/15 本文を一部訂正しました。

モニカ・ベルッチ 007映画再出演で「ボンドと闘いたい」

Inquirer.net(2018年2月15日付)は『007/スペクター』でボンド・ガールを務めたモニカ・ベルッチとのインタビューを掲載しています。

ベルッチは、機会があれば007映画に再出演したいと考えているようで、次はルチア・スキアラがマフィアのボスという設定でジェームズ・ボンドと闘いたい、と語ったようです。

また、『007/スペクター』でのベルッチの起用はダニエル・クレイグの希望だったのだそうで、そのクレイグとの共演は素晴らしい経験だったようです。

20世紀FOX 007映画配給権の争奪戦から離脱か

The Hollywood Reporter(2018年2月13日付)によると、20世紀フォックスはケネス・ブラナーが監督する映画『Death on the Nile』の北米公開日を2019年11月8日に決めたようです。

この日は既にMGMが007シリーズ次回作『Bond 25』の北米公開日として発表済み。同日に大作映画2本をリリースすることは一般的に考えられず、MGM側の予定にこのまま変更が無いとすれば、フォックスが『Bond 25』を北米で配給する可能性は消滅したと言えそうです。また、北米で対決姿勢を示すフォックスが『Bond 25』を海外配給する可能性も低いと思われます。フォックスは、The New York Times などによって、配給会社の候補として報道されていました。

昨年11月には、『Bond 25』の劇場配給会社は北米がMGM(の委託を受けたアンナプルナ)、海外はワーナー、ソニー、ユニバーサルが有力との報道も。この他、IT企業のアップルやアマゾンも候補者として挙がっています。

イオン・プロダクションが自社ウェブサイトを開設

映画007シリーズ制作会社のイオン・プロダクションが自社紹介のウェブサイトを公開しています。

URLは www.eon.co.uk

コンテンツは、イオン/ダンジャックの会社概要、同社代表を務めるプロデューサー、マイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリの略歴、同社の手掛けてきた映画・舞台の作品情報など。ニュース・ページもあり、007映画を含めた様々な最新情報が今後も随時掲載されるようです。なお、現在の形でサイトが公開されたのは、2017年末から今年頭の間と思われます。