7777 のすべての投稿

登別市も007誘致へ

北海道新聞によると登別市が007映画のロケ地として名乗りを挙げ、誘致のための署名活動を始めたようです。

これはレイモンド・ベンソンの小説『007/赤い刺青の男』で、ジェームズ・ボンドが登別温泉を訪れており、映画の舞台としても選ばれれば「宣伝効果は絶大」なためです。

同小説中でやはり登場した香川県では、既に6月から署名活動を展開中で、10月を目途に製作会社イオン・プロへ直訴する予定です。登別市は香川県の動きに連携し、市民や温泉を訪れる観光客へ署名を求める予定です。

ただ、これまでジェームズ・ボンド生みの親イアン・フレミング以外が執筆した007小説が映画化されたことはなく、また映画会社にも映画化権がないため、実現はかなり厳しいと思われます。

マット・デイモン ジェームズ・ボンドに憧れる

スパイ映画『ボーン・アイデンティティー』、『ボーン・スプレマシー』で元CIAエージェントのジェイソン・ボーンを演じているマット・デイモンですが、Ireland On Line によると、デイモンは「ぜひボンドを演じてみたい」そうです。

「今まで考えたこともないよ。でも(実現すれば)すごいね。問題はジェームズ・ボンドがイギリス的過ぎること」と語り、イギリス人のユアン・マクレガーがボンド役に相応しいとの考えも明らかにしました。

俳優ジュリアン・マクマーンがボンド役候補に?

E! Online によると、テレビ俳優ジュリアン・マクマーンが007のプロデューサーと接触した模様です。ピアース・ブロスナンに変わる新しいボンド役として決まったかは不明です。

ジュリアン・マクマーンはオーストラリアのシドニー出身。テレビシリーズ『チャームド』などに出演。現在は”Nip/Tuck”で整形外科医を演じています。父親はオーストラリアの元首相です。

ロジャー・ムーア エイズ孤児に冷たいホテルと学校を非難

ロイターによると、中国を訪れているユニセフ親善大使のロジャー・ムーア卿は、北京のホテルや学校がエイズで親を失った子供たちのサマー・キャンプ滞在を拒否したと、非難しました。中国の新聞報道によると、エイズ孤児の滞在を拒否した学校やホテルは30から40ヶ所にのぼります。

ロジャー・ムーア 中国で食中毒に

ユニセフによると、8月7日、中国を訪れていたユニセフ親善大使のロジャー・ムーア卿は北京市内のホテルで昼食をとった後、食中毒により熱を出しました。この為、アジア・サッカー連盟の主賓として招かれていた同日夜のアジアカップ決勝戦の観戦を断念。ホテルで静養を続けたロジャー卿は翌日回復したそうです。

これに先立ち、7日午前、ロジャー卿は北京の紫禁城を訪れています。ロジャー卿は以前シカゴで訪問者向けガイド音声を吹き込んだ経験があり、これまで数十万人に利用されていますが、今回ロジャー卿は初めて自身の声に導かれながら現実の紫禁城を体験しました。

ロジャー・ムーア アジアカップ決勝を楽しみに

ユニセフによると、ロジャー・ムーア卿は中国で開催中のサッカー・アジアカップ決勝となる日本対中国戦を観戦するそうです。

ユニセフ親善大使のロジャー卿は8月4日北京入りし、エイズ孤児への理解を深め、寄付を集める活動を行っています。

北京のグランド・ハイアット・ホテルでは7万8千人のエイズによる孤児のためにサッカーに関するグッズがオークションにかけられました。

ロジャー卿は8月7日のアジアカップ決勝戦を非常に楽しみにしており、「たくさんのゴールが観られるといいね」と語っています。

2002年のワールド・カップ時には来日し、神戸で観戦しています。

エリック・バナ側 ボンド役の噂話を否定

The Australian によると、エリック・バナのパブリシストはバナの6代目ボンド就任の噂を否定しています。

ピアース・ブロスナンがボンド役を降板、次回作 Bond 21 にはオーストラリア出身の俳優エリック・バナが出演するとの噂が飛び交っていますが、バナのパブリシストは The Austrailan に「(007映画のプロダクションから)アプローチさえ受けていない」と語りました。

香川と岡山の両知事が007映画誘致で協力

四国新聞によると、7月30日、香川県の直島町で観光振興などについての会合が開かれ、香川県の真鍋知事、岡山県の石井知事が出席しました。この会議の中で両県は連携して直島へ007映画を誘致することになりました。

直島はレイモンド・ベンソン原作の小説『007/赤い刺青の男』の舞台となっています。

ピアース・ブロスナン Bond 21に否定的

EW.com によると、ピアース・ブロスナンはボンド次回作には出演しないかもしれません。

Entertainment Weekly のウェブ版インタービューによると、ブロスナンは「ジェームズ・ボンドについて言うべきことはみんな言った」、「ボンドは過去の人生」と語り、2002年の『007/ダイ・アナザー・デイ』が最後の出演作とも発言しました。