カテゴリー別アーカイブ: Actors-Crew

俳優/スタッフ

アンジェリーナ・ジョリー 007の悪役を希望

Contactmusic.com によると、アンジェリーナ・ジョリーはジェームズ・ボンドの敵になりたがっています。

『トゥームレイダー』シリーズでは007流に活躍するララ・クロフトを演じているジョリーですが、「心の奥底でずっとボンドの悪役をやりたいと思ってた」と感じているようです。

アンジェリーナ・ジョリーの最新作は全米で9月17日から公開予定の”Sky Captain and the World of Tomorrow”です。

ピアース・ブロスナン ネットでオリジナル商品の販売開始

ピアース・ブロスナンの公式サイト上に、ファン・クラブ・ストアがオープンしました。現在販売中の商品は、ブロスナン作のフィジーの絵がプリントされたTシャツです。

また、クラブ・メンバーの特典として、無料でサイン入りブロマイドが贈られます(ただし日本からは国際返信切手券が別途必要)。

クラブ・ストアの売上は チャリティー活動を行う Brosnan Trust に入ります。

ロジャー・ムーア エイズ孤児に冷たいホテルと学校を非難

ロイターによると、中国を訪れているユニセフ親善大使のロジャー・ムーア卿は、北京のホテルや学校がエイズで親を失った子供たちのサマー・キャンプ滞在を拒否したと、非難しました。中国の新聞報道によると、エイズ孤児の滞在を拒否した学校やホテルは30から40ヶ所にのぼります。

ロジャー・ムーア 中国で食中毒に

ユニセフによると、8月7日、中国を訪れていたユニセフ親善大使のロジャー・ムーア卿は北京市内のホテルで昼食をとった後、食中毒により熱を出しました。この為、アジア・サッカー連盟の主賓として招かれていた同日夜のアジアカップ決勝戦の観戦を断念。ホテルで静養を続けたロジャー卿は翌日回復したそうです。

これに先立ち、7日午前、ロジャー卿は北京の紫禁城を訪れています。ロジャー卿は以前シカゴで訪問者向けガイド音声を吹き込んだ経験があり、これまで数十万人に利用されていますが、今回ロジャー卿は初めて自身の声に導かれながら現実の紫禁城を体験しました。

ロジャー・ムーア アジアカップ決勝を楽しみに

ユニセフによると、ロジャー・ムーア卿は中国で開催中のサッカー・アジアカップ決勝となる日本対中国戦を観戦するそうです。

ユニセフ親善大使のロジャー卿は8月4日北京入りし、エイズ孤児への理解を深め、寄付を集める活動を行っています。

北京のグランド・ハイアット・ホテルでは7万8千人のエイズによる孤児のためにサッカーに関するグッズがオークションにかけられました。

ロジャー卿は8月7日のアジアカップ決勝戦を非常に楽しみにしており、「たくさんのゴールが観られるといいね」と語っています。

2002年のワールド・カップ時には来日し、神戸で観戦しています。

『ネバーセイ・ネバーアゲイン』のパット・ローチ 亡くなる

BBC によると7月17日、イギリス・バーミンガム出身の俳優パット・ローチがガンのため亡くなりました。67歳でした。

ローチはプロレスラーとしてイギリス・ヨーロッパのチャンピオン・タイトルを獲得、その後はキューブリック監督に見出されて映画界に進出。『時計じかけのオレンジ』、インディー・ジョーンズ・シリーズ等に出演。『ネバーセイ・ネバーアゲイン』では保養所でショーン・コネリーが演じるジェームズ・ボンドに襲い掛かる殺し屋として登場しました。

レスラー時代には『007/ゴールドフィンガー』のオッドジョブとして知られるハロルド坂田との対戦歴もあるようです。

007のスタントマンがギネス入り

The Huddersfield Daily Examiner によるとイギリスのスタントマン、ロイ・アーロンが世界で最も経験豊富なスタントマン(映画/テレビ)としてギネスの認定を受けました。

アーロンは35年間で1000回以上の出演を果たしました。彼は今も世界のトップ・スタントマンとして引き合いがあり、最近では『トロイ』に登場。まもなく “Mission: Impossible 3” の撮影に入ります。

これまでのボンド出演作は『007/私を愛したスパイ』、『ネバーセイ・ネバーアゲイン』、『ワールド・イズ・ノット・イナフ』、『007/ダイ・アナザー・デイ』などです。

「いつも悪役で、ショーン・コネリーやロジャー・ムーアには何度も殺られた」そうで、「どんなアクション映画もボンドを基準にして評価される」とコメントしています。