カテゴリー別アーカイブ: Bond 25

『ボンド25』

ダニエル・クレイグ 『Bond 25』でジェームズ・ボンド役を続投

ダニエル・クレイグがついにジェームズ・ボンド役を続投することを明らかにしました。

ダニエル・クレイグは8月18日にアメリカ公開される『Logan Lucky』のプロモーションの為、8月15日にCBSで放送されたトーク番組『The Late Show with Stephen Colbert』にゲスト出演。司会のスティーヴン・コルベアは、7月に The New York Times がダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド役続投を報じたことに触れながら、改めてボンド役に続投するかを問うと、クレイグは「Yes」と返答しました。

007シリーズ次回作『Bond 25』の北米公開日は7月に公式発表済みですが、ボンド役をダニエル・クレイグが演じるのか不明な状態はその後も続いており、クレイグは続投をほのめかす発言もしていましたが、明言は避けていました。

ダニエル・クレイグ出演の番組公式映像:
Confirmed! Daniel Craig Will Return As James Bond


8/16 追記:『Bond 25』はダニエル・クレイグにとって最終作となり、『Bond 26』には出演しないつもりのようです。


8/16 追記:ダニエル・クレイグがボンド役続投を決めたのは2、3ヶ月ほど前。その後、話し合いや調整を続けていたそうです。ずっとボンド役をやりたいと思っていたが、休息が欲しかったとも語っています。


8/16 追記:映画007シリーズ公式サイトは8月16日、『The Late Show with Stephen Colbert』でのクレイグの発言を紹介する形で、クレイグのボンド役続投を認めました。

ダニエル・クレイグ ジェームズ・ボンド役を続けるか「決めていない」

ダニエル・クレイグは2017年8月15日、アメリカのラジオ局 Magic 106.7 の番組『Morning MAGIC』に出演、ジェームズ・ボンド役の続投問題について語りました。

最新作『Lucky Logan』宣伝の一環で、電話インタビューに応じたクレイグ。ボンド役続投の噂について尋ねられると、「現時点で決まっている事はなく、色んな噂はあるが、公式決定したものはない。出演料を吊り上げる為に渋っているとかそんな問題じゃなく、純粋に個人的な事だ」とコメント。続けて「自分としては、(ボンド役を)是非やりたいと思っている」とも話しています。

ダニエル・クレイグは「ボンドをやる」 米TV局社長が発言

/FILM(2017年8月8日付)は、テレビ・シリーズ『Purity』を放送予定のテレビ局、Showtimeのデヴィッド・ネヴィンス社長兼CEOの発言を掲載しています。

ジョナサン・フランゼン原作『Purity』はダニエル・クレイグ出演の20話限定テレビ・シリーズ。2016年の時点でネヴィンス氏は、2017年中に撮影を終える予定で、ダニエル・クレイグが007シリーズ次回作『Bond 25』に続投しても、スケジュールの干渉は起きないと語っていました。

しかし現時点でネヴィンス氏は、ダニエル・クレイグは「ボンドを先にやる」と発言。クレイグが『Bond 25』にボンド役を続投するとの見方を示しつつ、『Purity』撮影は『Bond 25』を終えた後になることを示唆しました。なお、ボンドについて「自分が何を知っているか、知らないかは話せない」とも語っています。

クレイグがボンド役を続投するか公式発表されていない中、クレイグのスケジュールを知りうる立場にある人物の発言として注目されます。

なお『Purity』はアメリカに加え、ベルリンや南アメリカが主要な舞台になる模様で、ダニエル・クレイグは全20話中、ほとんどのエピソードに登場する予定とのことです。

ダニエル・クレイグ 『Bond 25』『Bond 26』に出演?

The Sun(2017年8月7日付)は、ダニエル・クレイグがもう2作の007映画にジェームズ・ボンド役出演すると伝えています。

関係者の話では、クレイグが次回作でシリーズ第25作『Bond 25』とその次の『Bond 26』の2作出演契約に、間もなくサインしそうだのこと。

『Bond 25』の仮題は『Shatterhand』で、脚本は完成間近。クレイグにとって最終作となる『Bond 26』は、ボンドの妻が殺される筋書の『女王陛下の007』リメイクが検討されているそうです。

記事の信憑性は不明ですが、既に『Bond 25』の北米公開日は公式発表済みで、ダニエル・クレイグの去就についても、近々の発表が期待されます。

『Bond 25』配給会社はワーナーが有力候補

Variety(2017年7月26日付)によると、007シリーズ次回作『Bond 25』の配給会社はまだ決まっていないそうですが、最有力スタジオはワーナー・ブラザースとのことです。

同作の監督も未定とのことで、最有力候補者はヤン・ドマンジュ。また、ジェームズ・ボンド役にダニエル・クレイグが続投する可能性の高いことを伝えています。

『Bond 25』監督候補にヤン・ドマンジュ、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、デヴィッド・マッケンジー

Deadline(2017年7月26日付)によると、007シリーズ次回作『Bond 25』の監督候補者リストが絞られてきたようです。

有力候補として同サイトが挙げた3名は、ヤン・ドマンジュ(フランス出身)、ドゥニ・ヴィルヌーヴ(カナダ出身)、デヴィッド・マッケンジー(イギリス出身)。全員がプロデューサー側との面談を済ませたようです。

ドゥニ・ヴィルヌーヴはスケジュール上の問題を抱えている可能性があり、最有力と考えられるのはヤン・ドマンジュとのこと。

監督は遅くとも今夏の終わりまでには決定するだろう、とのことです。

ダニエル・クレイグ 007次回作『Bond 25』に続投決定か

The New York Times(2017年7月24日付)によると、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役の続投を決め、007シリーズ第25作となる次回作『Bond 25』に出演する模様です。

制作会社のイオン・プロダクションは同日、『Bond 25』の全米公開日を2019年11月8日と発表しましたが、ボンド役を含むキャストについては明らかにせず、後日発表するとしていました。

しかし、関係者と目される二人の人物から同紙が得た情報では、既にダニエル・クレイグの続投は決定済みだとのことです。


7/25追記
BBC(7月25日付)は、The New York Times の記事に言及し、BBCとしてはダニエル・クレイグがまだ『Bond 25』の出演契約にサインしていないと承知している、とリポートしています。

『Bond 25』 全米公開は2019年11月8日

映画007シリーズ公式サイト 007.com は2017年7月24日、次回作『Bond 25』の全米公開日を2019年11月8日と発表しました。イギリスではこれよりも早い公開となりますが、具体的な公開日は明らかになっていません。

脚本担当はシリーズ常連のニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドの二人。プロデューサーはマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリ。主人公ジェームズ・ボンド役を含めたキャストや、監督などのスタッフ陣、配給会社、海外公開日などの詳細は後日改めて発表されます。

『Bond 25』ボンド・ガール候補にカーラ・デルヴィーニュ?

Mirror Online(2017年7月19日付)は、カーラ・デルヴィーニュが007シリーズ次回作『Bond 25』のボンド・ガール候補になっていると伝えています。

ロンドン生まれのモデルで、最近は女優としての活動も目覚ましいカーラ・デルヴィーニュをMGM上層部が評価しているとのこと。ジェームズ・ボンドと対等に渡り合える、力強いキャラクターを検討しているのだとか。

『Bond 25』については、これまでのところ公式発表された情報はなく、主人公ジェームズ・ボンド役を始めとした配役も分かっていません。

なお、同紙は『007/スペクター』制作時にもカーラ・デルヴィーニュがボンド・ガール候補だと伝えていました。

ダニエル・クレイグが『Bond 25』でのボンド役続投を決意か

Mirror Online(2017年7月8日付)は、ダニエル・クレイグが心機一転、次回作『Bond 25』へのジェームズ・ボンド役続投を決めた、と伝えています。

妻レイチェル・ワイズの了解も取り付けたクレイグは『Bond 25』の出演契約をする予定なのだそうで、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリは『007/スカイフォール』のアデルにも再び主題歌をやってくれるよう口説いているとのこと。

ダニエル・クレイグのボンド役降板の噂が広がるきっかけとなった悪名高い発言「手首を切ったほうがマシ」は、既に彼自身が2016年に公の場で撤回。それ以降、クレイグのボンド役続投の可能性が高いとの観測は高まっていました。

タブロイドのMirror紙がその背景をもとに憶測だけで記事を作成したのか、或いは関係者から確かな情報を入手したのかは不明です。なお、当該記事を執筆した記者は、信憑性が疑われる記事を複数手がけた実績があります。