カテゴリー別アーカイブ: Bond 25

『ボンド25』

『Bond 25』北米配給会社がユニバーサルへ変更の可能性?

Deadline(2018年10月10日付)によると、『Bond 25』の北米配給会社がユニバーサルへ変わる可能性がハリウッドで取り沙汰されているようです。

映画007シリーズ次回作『Bond 25』の配給会社は、北米がMGM、海外はユニバーサル・ピクチャーズ。MGMは長期に渡って配給部門を閉鎖した状態が続いたため、北米配給の実務は新興スタジオのアンナプルナ・ピクチャーズに委託する契約を結んでおり、『Bond 25』におけるMGMは名目上の配給会社です。

今、問題となっているのは、アンナプルナの経営状況。

同社はミーガン・エリソンが2011年に創立。『ゼロ・ダーク・サーティ』『her/世界でひとつの彼女』『アメリカン・ハッスル』など、アカデミー賞レースを賑わす話題作を次々と投入し、インディペンデントの映画製作会社として破竹の勢いを見せてきました。2017年には自社配給も開始。早くもその数ヶ月後にMGMとのジョイント・ベンチャーを発表、MGM作品の受託配給を2018年3月から開始しています。

しかし、大ヒットが見込めないアート系映画に惜しみなく資金を注ぐミーガンの情熱も災いしたらしく、自社配給を始めてからの作品に約2億ドルの製作費を使ったものの、北米興収は5作合算で4千万ドル未満と、苦戦を強いられている様子です。

さらに、2018年10月に入って、アンナプルナは計画中だったジェニファー・ロペス主演映画と、ニコール・キッドマン出演映画の製作を突如放棄したことが明らかに。また、2018年だけでアンナプルナの社長やCFO、先日も映画部門トップなど、鍵となる人材が短期間に次々と同社を去っており、同社の経営は困難な事態に直面していると言えそうです。

救いはミーガンの父で世界的大富豪のラリー・エリソン。父からは経営上のアドバイスや資金注入も受けている模様。今後はMGM映画の配給も業績向上に寄与すると見られているようです。

しかし、アンナプルナの経営が更に悪化した場合、『Bond 25』の海外配給を任されているユニバーサルがアンナプルナに取って代わり、北米配給も担う可能性が囁かれているようです。

ダニエル・クレイグ4作を世界配給したソニー・ピクチャーズは共同製作会社として出資も行いましたが、アンナプルナは製作には関与しておらず、ここでMGMが北米配給を他社に乗り換えたとしても、ダメージは比較的小さいかもしれません。

そもそも、ブロックバスター作品を扱ったことがなく、配給会社として経験の浅い、アート系志向の強いアンナプルナに、007映画の配給を委託したMGM経営陣の判断には疑問を抱かざるを得ません。MGMは、007映画を実績と安定感のある競合他社に配給させるよりも、自社ブランドで公開することを優先させ、融通の利くアンナプルナを『Bond 25』1作限りのパートナーとして選んだ可能性も考えられます。

ダニー・ボイル 『Bond 25』監督辞任について「喜んで語りたい」

ダニー・ボイルは2018年10月5日、8月の『Bond 25』監督辞任発表以降、初めて複数のメディアの前に姿を見せました。

ボイルはイギリス・ケント州フォークストーンのビーチで「Pages of the Sea」計画を発表。これは第一次世界大戦の休戦から100周年となる2018年11月11日に催される戦没者追悼記念行事の一環。当日はイギリス各地のビーチに住民が集結、砂の上にサンド・ペインティングで戦没者を描き、波で消え去る様を見守り最後の別れを告げます。

『Bond 25』辞任によってこの計画の準備に余裕が生じたかとの問いには「確かに助かった」とコメント。ボイルは『Bond 25』監督辞任が発表される前から、記念行事に参加する予定のあることが報道されていました。

また、『Bond 25』で具体的に何が起きたのかと尋ねた記者に対し、ボイルは「ボンドのことは喜んで話がしたい」としながらも「今日は適切ではない」と返答。今はフィクションのヒーローでなく、本当のヒーローを称える行事について語りたい旨を話しました。

いずれは、ダニー・ボイルが監督辞任劇を自身の言葉で語ってくれる日が来そうです。


参照:
iNews
Independent.ie (AP)
Channel 4 News

アストンマーティン車が『Bond 25』に登場へ

アストンマーティンが007シリーズ次回作『Bond 25』に登場するようです。

アストンマーティン・ラゴンダ社は2018年10月3日、ロンドン証券取引所に初上場。これを受けて同社のアンディ・パーマーCEOはCNNとのインタビューに応じました。

ロータスが『Bond 25』のボンド・カーとなる可能性を伝えた報道に関して感想を尋ねられたパーマーCEOは、「アストンマーティンが007映画次回作と協力することに間違いありません」と返答。『Bond 25』で再びアストンマーティンがボンド・カーになることを事実上認めました。

同社は2016年のDB11を皮切りとし、7年間でニュー・モデル7種をリリースする計画を進行中。しかし、ジェームズ・ボンドがどんなモデルに乗ることになるのか、まだわかっていません。

『Bond 25』でジェームズ・ボンドがアストンマーティンを運転すれば、クレイグ=ボンドでは連続5作目に。歴代ボンドの中ではダニエル・クレイグが最も多くアストンに乗る俳優です。なお、アストンマーティンの運転シーンが見られる作品数は俳優別に、ショーン・コネリーが2作、ジョージ・レーゼンビーが1作、ロジャー・ムーアはゼロ、ティモシー・ダルトンは1作、ピアース・ブロスナン3作となっています。

『Bond 25』監督のキャリー・フクナガ 「007映画は以前からやりたかった」

IndieWire(2018年9月20日付)は、007シリーズ次回作『Bond 25』の新監督に就任したキャリー・フクナガとのインタビューを掲載しています。

フクナガ監督は、ずっと前から007映画をやりたかった、とコメント。今回突然思い立った訳ではない旨も語っており、以前からプロデューサー側と接触があった可能性も滲ませています。また、今は就任が実現したという衝撃と向かい合っているところで、名誉や責任も感じているそうです。

キャリー・フクナガは8月のダニー・ボイル監督辞任を受け、『Bond 25』新監督に就任。007シリーズ初のアメリカ人監督登場となります。

『Bond 25』新監督は日系米国人キャリー・ジョージ・フクナガ

映画007シリーズ公式Twitterは2018年9月20日、シリーズ次回作『Bond 25』の新監督にキャリー・ジョージ・フクナガが就任したと発表しました。

撮影はロンドン郊外のパインウッド・スタジオにて2019年3月4日開始。世界公開日は2020年2月14日です。今年5月の発表では、撮影開始日が2018年12月3日、英国公開日2019年10月25日、北米が同年11月8日となっていましたが、ダニー・ボイル監督の電撃辞任を受けて、スケジュールが3ヶ月ほど先送りされた形になります。

キャリー・ジョージ・フクナガは映画007シリーズの監督として12人目の就任(辞任したダニー・ボイル除く)。007シリーズでアメリカ生まれのアメリカ人が監督に就任するのは、56年の歴史上初めてとなります。また、日系人としても初。1970年代以降の生まれで007映画の監督に就任するのも初です。

ポール・ウェラー&ノエル・ギャラガー 『Bond 25』主題歌の候補曲を提出

The Guardian(2018年9月17日付)によると、ポール・ウェラーは007映画次回作『Bond 25』の主題歌向けに、ノエル・ギャラガーと共同制作した楽曲を提出していたそうです。

14作目となるソロ・アルバム『True Meanings』をリリースしたばかりのポール・ウェラーは、The Guardianのサイト上でファンとのQ&Aに参加。007映画主題歌の候補曲を提出したかと問われると、ダニー・ボイルが『Bond 25』の監督として就任した際、ノエル・ギャラガーとの共作を提出したと明かしました。ウェラーはこの曲に自信があった様子ですが、現時点で返事はもらっていないとのこと。また、シーロー・グリーンなどに歌って欲しかったとも語っており、自分で歌うつもりではなかったのかもしれません。

ポール・ウェラーは2017年のインタビューで、007映画の主題歌に相応しい楽曲をノエル・ギャラガーと作っていることを明かしており、ギャラガーも以前、007映画主題歌をやりたいとの希望を語っていました。また、ダニー・ボイル監督もオアシスの楽曲を自身の映画で使おうと度々検討していた経緯があり(『トレインスポッティング』ではギャラガー側が辞退)、ボイルが辞任していなければ、ポール・ウェラーとノエル・ギャラガーの希望が叶っていたかもしれません。

バート・レイトン 『Bond 25』監督候補を認める

The List(2018年9月14日付)によると、バート・レイトンは自身が『Bond 25』の監督候補になっていることを認めたようです。

ダニー・ボイルの監督降板後、バート・レイトンが新監督の候補になっていることが報道されており、talkRADIOのポッドキャストに参加したレイトンは、何も決まっていないとしながらも、プロデューサー側と話し合いに入っていることを認めました。

子どもの頃から観ていた007映画の監督候補になるのはとても嬉しいと語ったレイトン。彼にとってのジェームズ・ボンドはロジャー・ムーアだったそうで、特にロータス・エスプリが登場した『007/私を愛したスパイ』(1977)がお気に入りの様子です。

『Bond 25』脚本はニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドが執筆中

Daily Mail Online(2018年9月14日付)は、映画007シリーズ次回作『Bond 25』の現況を伝えています。

まず、『Bond 25』の脚本は現在、シリーズ常連のニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドが執筆中のようです。この脚本は、ダニー・ボイル監督がジョン・ホッジを連れてくる以前にパーヴィス&ウェイドが書いたトリートメント(脚本執筆前に書く詳細なあらすじ)を元にしているそうです。このコンビはホッジへ交代するまでに脚本を完成させていなかった模様。

なお、ダニエル・クレイグとプロデューサーは、ジョン・ホッジの他に別の脚本家の起用を求めたらしく、それでダニー・ボイルとホッジは降板したとのこと。

新監督は現時点で未定。バーバラ・ブロッコリがロサンゼルスで候補者と面談を続けているようです。

また、『Bond 25』では、女性のキャラクターをこれまでよりも、話の中心に据えようとする動きが見られる模様です。

サイード・タグマウイが『Bond 25』悪役候補を否定

Morocco World News(2018年9月12日付)によると、サイード・タグマウイが『Bond 25』でメインの悪役候補になっているとの報道は「フェイク・ニュース」なのだそうです。

UAEのニュース・サイトThe Nationalは9月9日、サイード・タグマウイがダニー・ボイル監督によって悪役にキャスティングされたものの、ボイル降板で先行き不透明になっている旨を伝えていました。その後、タグマウイ本人がMorocco World Newsに連絡し、「これはフェイク・ニュースだ」と報道を否定したようです。

しかし、事実のキャスティング情報をうっかり喋ってしまったタグマウイが騒ぎの火消しに回っているのか、「フェイク・ニュース」の指摘が正しいのかは不明です。

レア・セドゥ 『Bond 25』出演を希望

Yahoo Movies UK(2018年9月11日付)によると、レア・セドゥが007次回作『Bond 25』の出演を願っているようです。

レア・セドゥは『007/スペクター』(2015)でメインのボンド・ガール、マドレーヌ・スワンを演じました。

そのセドゥは最新作『Kursk』が上映されたトロント国際映画祭に出席。同サイトとのインタビューに応じ、007映画の出演は素晴らしい体験とコメント。続投したいが、希望が叶うのかいずれ分かる旨も語ったようです。

これを受けて、『Kursk』の監督トマス・ヴィンターベアも、007映画の監督への熱意を示した模様です。

映画『Kursk』は2000年に発生した、ロシアの原子力潜水艦「クルスク」の沈没事故を描いています。主演はマティアス・スーナールツ。ほかにコリン・ファースや『ネバーセイ・ネバーアゲイン』(1983)のブロフェルド役で知られるマックス・フォン・シドーも出演。フランスで2018年11月7日公開予定。