カテゴリー別アーカイブ: Bond 25

『ボンド25』

『Bond 25』撮影監督にリヌス・サンドグレン

IndieWire(2018年12月7日付)によると、『Bond 25』の撮影監督にリヌス・サンドグレンが決まったようです。同サイトが直接、当人から確認した模様。

スウェーデン出身のリヌス・サンドグレンは、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー撮影賞を受賞。007シリーズには初登場となります。

なお、『Bond 25』のキャリー・フクナガ監督の母親もスウェーデン系です。

『Bond 25』で女性のMI6エージェントが登場か

Variety(2018年12月7日付)によると、007映画次回作『Bond 25』には、女性のMI6エージェントが登場するようです。

『007/スペクター』のボンド・ガール、マドレーヌ・スワンを演じたレア・セドゥが同役で復帰することが既に報じられましたが、Varietyでもこれを確認済み。

そして、プロデューサー側は現在、レア・セドゥ以外にも二人の女優を探しているそうです。一人はボンドの同僚となるMI6エージェント役を演じ、もう一人はミステリアスな女。

キャスティングはこのように進行しているようですが、キャリー・ジョージ・フクナガ監督が手がけている脚本作業は、まだ終わっていないとのこと。

また悪役には、現在日本で公開中の映画『ボヘミアン・ラプソディ』にフレディ・マーキュリー役で出演しているラミ・マレックが検討中。しかし、マレックはTVシリーズ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』の撮影が2019年3月から7月まで予定されており、撮影時期の被る『Bond 25』出演は難しい様子。

ラミ・マレックはエジプト系アメリカ人ですが、今年8月にはモロッコ系フランス俳優のサイード・タグマウイが悪役候補として報じられていました。誰に決まるとしても、制作側は中東系の悪役を探しているようです。

レア・セドゥ、レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリスが『Bond 25』に続投へ

Daily Mail Online(2018年12月6日付)によると、007シリーズ次回作『Bond 25』に、レア・セドゥ、レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリスが続投するようです。

レア・セドゥは『007/スペクター』(2015)で、マドレーヌ・スワンを演じていました。メインのボンド・ガールを演じた女優が再び同じ役で出演するのは、半世紀を超える007シリーズの歴史で初の快挙となります。

『007/スカイフォール』(2012)からMI6のMを演じているレイフ・ファインズ、Q役のベン・ウィショー、マネーペニー役のナオミ・ハリスら3人も、同様に『Bond 25』での出演が決定したようです。

以上の情報をもたらしたのは、キャリー・ジョージ・フクナガ監督にインタビューしたBaz Bamigboye氏。これまでにも007映画に関する数々の独占スクープを放ってきた人物です。

レア・セドゥの続投は、ボンド役のダニエル・クレイグとキャリー・フクナガ監督の意向だったそうです。またフクナガ監督は、ファインズ、ウィショー、ハリスら3人組を世界的にも素晴らしい俳優たちだと高く評価し、続投させない手は無いと語ったようです。

シリーズ第25作となる『Bond 25』は2019年3月4日に撮影開始、2020年2月14に世界公開予定となっています。

レイフ・ファインズ 『Bond 25』脚本は未読

This is Money(AP、2018年12月5日付)によると、M役俳優のレイフ・ファインズは『Bond 25』の脚本をまだ受け取っていないそうです。

ファインズは現在、ロンドンのナショナル・シアターにて上演中のシェイクスピア戯曲『Antony and Cleopatra』で、タイトル・ロールのアントニーを演じています。

APの記者から007シリーズ次回作『Bond 25』について尋ねられると、ファインズは、撮影は来春からの予定だと語りつつ、脚本はまだ受け取っていないと明かしたようです。

なお、『Bond 25』のキャリー・ジョージ・フクナガ監督は11月のインタビューで、脚本は未完成と返答していました。

そもそもレイフ・ファインズがM役を続投するとの公式発表はなく、本人も明言を避けてきたようですが、今回のコメント内容を見る限り、『Bond 25』に出演する可能性は高いようです。

『Bond 25』はノルウェーでロケ撮影か

ノルウェー紙Dagsavisen(2018年12月4日付)によると、『Bond 25』のロケがノルウェーで行われることになりそうです。

同国の映画機関Norsk filminstituttは、11月が締め切りの、映画・テレビ撮影のインセンティブ・スキームに応募した11社とその作品リストを公開。この中にはタイトル『B25』と、同名の制作会社が含まれているとのこと。「B25」とはイオン・プロダクションが『Bond 25』制作の為、2015年に設立したペーパー・カンパニー。

また、首都オスロのフィルム・コミッションは同紙に対し、ノルウェーでの撮影を希望している007映画の担当者と連絡を取っていることを認めたようです。

イオンは既に、ノルウェー東部・西部・北部・中央部など、様々な地域を調べて検討に入っている模様。フィルム・コミッション側は、この待遇がなければ、007映画は他国で撮影されることになっていただろう、と語ったようです。

ノルウェーでは政府のバックアップにより、同国で撮影される海外プロダクションの作品に対し、現地撮影費用の最高25%が還元されるインセンティブ・スキームを組んでいます。

なお、『Bond 25』のロケハンがノルウェーで実施されたことは、2017年10月にも報道されていました。その際は、プレタイトル・シークエンス向けのアクション・シーン撮影が検討されていたようです。

ヤン・ドマンジュ 『Bond 25』監督候補の過去を認める

Yahoo Movies UK(2018年12月4日付)は、ヤン・ドマンジュとのインタビューを掲載しています。

ドマンジュは、2017年から『Bond 25』監督候補者として騒がれ、ダニー・ボイルの降板後も再びその名が挙がっていました。ドマンジュはこれについて尋ねられると、『White Boy Rick』のポストプロダクション中に、プロデューサー側からの接触があったと認めました。話し合いがもたれたそうですが、ドマンジュから制作に関する提案はしなかったとのこと。

しかしドマンジュは、『Bond 25』の監督に就任しなかった理由については、明言を避けたようです。

『Bond 25』の撮影監督はリヌス・サンドグレンか

VarietyエディターのKristopher Tapley氏は2018年12月4日、リヌス・サンドグレンが『Bond 25』の撮影監督を務める模様だとツイートしています。

リヌス・サンドグレンは母国スウェーデンでキャリアを積み、近年はハリウッドで活躍し『アメリカン・ハッスル』『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』『ファースト・マン』などで撮影監督を担当。『ラ・ラ・ランド』ではアカデミー撮影賞を受賞しています。

クリストファー・マッカリー 『Bond 26』の監督を希望

Yahoo Movies UK(2018年11月19日付)によると、ダニー・ボイルが『Bond 25』の監督を降板した直後に新監督候補の一人として噂されていたクリストファー・マッカリーが、『Bond 26』の監督を希望しているようです。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』とその続編『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の監督としても知られるマッカリーは、『フォールアウト』のDVD&ブルーレイ発売のプロモーションで同サイトとのインタビューに応じました。

この中でマッカリー監督は、ダニエル・クレイグのボンド・デビュー作『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)やピアース・ブロスナンのボンド就任作品『007/ゴールデンアイ』(1995)などの例を挙げ、ボンド俳優の代替わりなど、シリーズに大きな変革が訪れる機会を狙って監督をやりたい旨を語ったようです。

クレイグは次回作『Bond 25』でボンド役から退く意向を既に示しており、『Bond 26』では新ボンド俳優が就任する可能性が高いとみられています。マッカリーは、ブロスナン=ボンドのファンなのだそうで、もし『Bond 26』を監督できるのならば、ブロスナン時代の007作品のような、軽めのトーンを蘇らせたいそうです。

マッカリー監督は、007シリーズの作品ごとの時間の繋がりが緩やかになっている点を高評価。敵の種類も様々で臨機応変、新ボンドの登場によって刷新されることが気に入っているようです。

キャリー・フクナガ監督 『Bond 25』脚本は未完成

Inquirer.net(2018年11月18日付)は007シリーズ次回作『Bond 25』の新監督キャリー・フクナガとのインタビューを掲載しています。

007映画を監督するとの実感がまだ湧かない様子のフクナガ監督ですが、『Bond 25』の脚本は完成していないそうです。アクション・シーンの計画についてはあまり進んでいないらしく、ストーリーの構築に力を注いでいる段階との事。

『007/スペクター』に出演したクリストフ・ヴァルツとベン・ウィショーが『Bond 25』には続投しないとの噂について尋ねられると、これを事実上否定し、この二人は素晴らしい俳優だと評価。出演は確定していない様子ですが、ストーリーに合うのなら是非とも再起用したいとの意向を示しました。

海外ロケ地については、ファンの期待に添え得る所を準備しているそうですが、具体的な地名には触れませんでした。

フクナガ監督は以前からダニエル・クレイグのファンだったそうで、『ロード・トゥ・パーディション』での演技を評価。また、『007/カジノ・ロワイヤル』でクレイグが表現したジェームズ・ボンドの脆さと人間性についても触れ、同作でスタートしたこの流れを『Bond 25』でも継承しつつ、自分なりの味付けをしたい旨を語っています。

初めて観た007映画は1985年公開の『007/美しき獲物たち』。生まれ育ったサンフランシスコのベイエリアが映画館のスクリーンに映し出されたのはエキサイティングだったと語りました。

音楽の嗜好については、7つ年上の兄からの影響を受けているそうで、007シリーズで一番気に入っている主題歌はデュラン・デュランの『007/美しき獲物たち』との事です。


11/18 一部表記を追加・修正しました。

キャリー・フクナガ監督 最初に観た007映画は『007/美しき獲物たち』

IndieWire(2018年10月29日付)は、『Bond 25』の新監督、キャリー・フクナガとのインタビューを掲載しています。

「IndieWire Honors」の受賞が決まったフクナガ監督。これまでは勉強の為、敢えて色々なジャンルの映画に挑戦してきたそうですが、いずれは自分の得意とする分野にある程度絞って極めたいと考えているようです。

フクナガ監督が最初に観た007映画はロジャー・ムーア最終出演作『007/美しき獲物たち』(1985)とのこと。007の模倣映画や、それらを真似た映画が長期に渡って大量に製作されているとも指摘。本元である007映画を監督できることは、エキサイティングだと語っています。


10/30 訂正:「一番好きなボンド俳優」の記述を削除しました。