カテゴリー別アーカイブ: Bond Vehicles

ボンド・カー

LEGO ジェームズ・ボンド・アストンマーティンDB5を発表

LEGOは2018年7月18日、新製品「James Bond Aston Martin DB5」を発表しました。

1,295点の部品から構成されている、クリエイター・エキスパート・シリーズの一つで、アメリカ公式ショップでの価格は149.99ドル。

このアストンマーティンDB5は1964年に公開された映画『007/ゴールドフィンガー』に登場したボンド・カーをモデルにしたもの。

映画同様に、稼働するエジェクター・シート、レーダー追跡装置、回転式ナンバー・プレート、防弾スクリーン、マシンガン、タイヤをパンクさせる装置などが完備。ドア、ボンネット、トランクなどが開閉可となっています。

LEGO James Bond Aston Martin DB5 デザイナー解説映像

『007/ゴールデンアイ』撮影車のアストンマーティンDB5が競売に

オークション会社Bonhamsは2018年5月23日、映画『007/ゴールデンアイ』(1995)のカー・チェイス場面撮影で使用されたボンド・カーのアストンマーティンDB5が出品されると発表しました。

このオークションはモーター・イベント「Goodwood Festival of Speed」開催期間中の7月13日に英・グッドウッドで行われる予定。予想落札価格は120万から160万ポンドとなっています。

『007/ゴールデンアイ』では、ジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)がDB5に乗り、モンテカルロを見下ろす丘をドライブ。途中、ゼニア・オナトップ(ファムケ・ヤンセン)のフェラーリ・F355 GTSとカー・チェイスを繰り広げます。

出品のDB5はこのシーンで使用。現在のオーナーが取得以降、ロンドンの「Bond in Motion」などで展示されていました。

Christie’sによると、この車はイオン・プロダクションの代理でアストンマーティン社が第三者から購入したチェイス用2台のうちの1台(グラン・カジノ前で駐車していたのは別に借り受けた車)。撮影終了後は、イオンやアストンマーティン社が宣伝で利用し、1996年に売却。Christie’sがそれを2001年に出品し、現オーナーが落札した模様です。


7/14追記:アストンマーティンDB5の落札価格(手数料込)は1,961,500ポンドでした。落札者はニューヨークにあるスパイ・ミュージアム「SPYSCAPE」のようです。別ロットで『007/スペクター』の撮影に使用されたランドローバー・ディフェンダーSVXも同日出品され、365,500ポンドで落札されています。

ダニエル・クレイグのアストンマーティン記念車が落札

Christie’sが2018年4月20日にニューヨークで開催したオークションで、ダニエル・クレイグのアストンマーティン・ヴァンキッシュが落札されました。プライスは468,500ドル。

ダニエル・クレイグが所有していたヴァンキッシュは、アストンマーティンが2014年にリリースした「Centenary Edition」。前年に創業100周年を迎えた同社が100台限定で生産しました。オークションの車は外装・内装ともにクレイグの希望を反映しカスタマイズ。シリアル・ナンバー「007」のプレートが取り付けられています。

オークションの収益は全て、クレイグがサポートしている団体 The Opportunity Network に寄付されるとのことです。

『007/黄金銃を持つ男』で回転ジャンプのAMCホーネット・ハッチバックが競売に

Auctions America は、映画『007/黄金銃を持つ男』の撮影で使用されたボンド・カーのAMCホーネットX・ハッチバックをオークションに出品します。期間は2017年8月31日から9月3日まで。予想落札価格帯は25万ドルから35万ドル。

『007/黄金銃を持つ男』(1974)では、敵のスカラマンガを追うジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)がタイの川沿いにホーネットを運転。途中崩落した橋を物ともせず、360度回転しながら対岸へジャンプします。

360度回転(アストロ・スパイラル)ジャンプ・スタントの考案者はスタント・ドライバーのジェイ・ミリガン。1972年頃の実演で成功させた後、007映画での採用をイオン・プロダクションのプロデューサーへ提案。採用されたアストロ・スパイラルの技術は他の映画で使われないよう特許出願されました。

バンコック郊外でのスタント・シーン撮影の為に、コンピューターを利用。安全な回転ジャンプに必要な速度やスロープの傾斜角度などが緻密に計算されました。劇中でスタント・ドライバーを担当したのはローレン・“バンプス”・ウィラード。綿密な事前準備が功を奏し、撮影は最初のテイクで成功。映画で初のアストロ・スパイラル・ジャンプとして、ギネス記録に認められました。

撮影後、このホーネットはニューヨークにあるジェイ・ミリガンの会社へ送られ、ミリガンのコレクションの一部に。1回しかジャンプが行われなかった模様で、このスタント撮影で実際に使われたホーネットは今回出品されるものが唯一となります。

ロンドンのボンド・カー展覧会『Bond in Motion』が好評で会期延長に

ロンドンのボンド・カー展覧会『Bond in Motion』の開催期間が好評につき、延長されます。

『Bond in Motion』は映画007シリーズ製作50周年を記念し、当初イギリス・ハンプシャー州にある Nationl Motor Museum で2012年1月から2年間開催されていた展覧会。同シリーズに登場したアストン・マーチンやロータス・エスプリなどのボンド・カーや乗り物を約50台を展示。2014年3月からはロンドンのコヴェント・ガーデンにある London Film Museum で巡回展が始まり、2015年3月で閉幕の予定でしたが好評の為、当分の間は終了時期を定めず会期が延長となります。

現在、London Film Museum では前作『007/スカイフォール』までに使用されたボンド・カーの実車や、ミニチュア、コンセプト・アート、ストーリーボードなど100点以上を展示中。2015年中には、『007/サンダーボール作戦』製作50周年を記念して同作に登場したジェットパックや、最新作『007/スペクター』の車両も新たに加えられる予定です。

2015年3月21日と22日にはロンドンでの展示1周年を記念したイベントを予定。007シリーズのスタッフが参加してガイド役を務めたり、Q&Aでファンからの質問に答える時間もあるようです。主なゲスト・スピーカーはスタント・スーパーヴァイザーのヴィック・アームストロング、スタント・パフォーマーのウェンディ・リーチ、プロダクション・デザイナーのピーター・ラモントら。ミュージアム近くのコヴェント・ガーデン広場ではアストン・マーチン・オーナーズ・クラブの協力で、30台以上のアストン・マーチンが展示されます。

Photo courtesy of London Film Museum

『007/ゴールドフィンガー』公開50周年記念で金色アストン・マーチンDB5モデルが競売に

映画007シリーズ公式サイト(9月8日付)によると、『007/ゴールドフィンガー』(1964)公開50周年を記念して、アストン・マーチンDB5のゴールド・モデルがクリスティーズのチャリティー・オークションに出品されています。

これは007シリーズ制作会社イオン・プロダクションがPropshop社に制作を依頼したもの。1/3スケールで、純金プレート製。マシンガンや回転式ナンバー・プレートも装備。プロダクション・デザイナー、ケン・アダムのサインも付いており、世界でただ一つのモデルとのことです。

DB5の他に、18金のオメガ・シーマスター・アクア・テラ、イアン・フレミングの『ゴールドフィンガー』初版本、シャーリー・バッシーのサイン付きLP、ダニエル・クレイグのサインが付いた007シリーズ解説本『The James Bond Archives』ゴールド版も同時に出品されています。

オークションはネット限定で9月8日から17日まで開催されます。

9/9訂正:DB5のモデルは純金製でなく、純金めっきしたものです(記事タイトルを変更しました)。

ロンドンのトラファルガー&レスター・スクエアでボンド・カー展示へ

映画007シリーズ公式サイト(6月20日付)によると、6月21日と22日の2日間限定で、London Film Museum にて公開中のボンド・カーの一部がトラファルガー・スクエアとレスター・スクエアで無料展示されます。

これは地元シティ・オブ・ミンスターとシアター協会が主催するイベント West End LIVE の一環で、展示に選ばれたボンド・カーは『007/カジノ・ロワイヤル』や『007/慰めの報酬』のアストン・マーチンDBS、『007/ダイ・アナザー・デイ』のフォード・サンダーバード、『007/スカイフォール』のランドローバー・ディフェンダーなど。『007/スカイフォール』のスタント・ドライバー、ベン・コリンズがサインと写真撮影に応じるとのことです。

ロンドンでボンド・カー展覧会『Bond in Motion』のプレビュー開催

BBC(3月18日付)によると、ロンドンでボンド・カー展覧会『Bond in Motion』のプレビューが行われました。

参加者は映画007シリーズのプロデューサー、マイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリや、同シリーズで共にスタントを担当したヴィック・アームストロングとウェンディ・リーチ夫妻。

また、Mail Online(3月18日付)によると、特殊効果のクリス・コーボールド、ボンド・ガールのマリアム・ダボ、カテリーナ・ムリーノやナオミ・ハリスらも会場に姿を見せたようです。

『Bond in Motion』はコベント・ガーデンにある London Film Museum で3月21日から始まります。

ベントレー 映画007シリーズにボンド・カーとして登場?

This is Money(3月4日付)によると、映画007シリーズのボンド・カーとしてベントレーが将来に登場するかもしれません。

現在、ベントレーには従来よりもやや小型のモデルを市場へ投入する計画があり、アストン・マーチンやマセラティをライバルに想定。同社取締役のケヴィン・ローズ氏は、ジェームズ・ボンドを「アストン・マーチンから乗り換えさせるには何年もかかるだろう。だが我々は動き始めている」と語った模様です。

これまでにQが支給しジェームズ・ボンドが運転してきたのはアストン・マーチン、ロータス、BMW。ほかに、AMCやフォードなども乗っています。ベントレーはイアン・フレミングの原作でボンドの車として活躍しますが、映画007シリーズで登場するのは第2作『007/ロシアより愛をこめて』のみで、カー・チェイスなどのシーンもありません。

水陸両用車メーカーGibbs社 007映画オファーを断っていた

USA Today(2月18日付)によると、007映画制作会社は、水陸両用車メーカー Gibbs Amphibians にプロダクト・プレイスメントのオファーをしたことがあるようです。

Gibbs社はスポーツカー型の水陸両用車「Aquada」の開発で知られ、現在は最高時速70キロ以上で陸上・水上を走る四輪バイク「Quadski」を発売しています。同社セールス・マネージャーは、同社の製品を映画で登場させないか、と過去に007映画制作側からオファーがあったことを明かしました。しかし多額の費用が必要だった為にその誘いを断ったとのことです。