カテゴリー別アーカイブ: Books

小説・本

小説『007 逆襲のトリガー』が国内で発売

KADOKAWAは2017年3月24日、公認007小説『007 逆襲のトリガー』(原題:『Trigger Mortis』)を発売しました。著者はアンソニー・ホロヴィッツ。

『ゴールドフィンガー』(イアン・フレミング著)事件を片付けたばかりのジェームズ・ボンドが再びスメルシュらを相手に戦います。原書は2015年に出版、オーディオ版のナレーションは英国俳優デヴィッド・オイェロウォが務めました。

なお、アンソニー・ホロヴィッツの手がける007小説第2作は2018年春の出版予定です。

フィリックス・ライターのコミックが発売へ

ComicBook.com(2016年10月3日付)によると、アメリカの Dynamite Entertainment は、007シリーズに登場するキャラクター、フィリックス・ライターを主人公にした新たなコミック・シリーズ『James Bond: Felix Leiter』の出版を予定しています。

フィリックス・ライターはCIA局員で、ジェームズ・ボンドの盟友。このコミック・シリーズでは、フレミングの小説のように探偵として活動。舞台は東京などで、CIAの任務を請負って美しいロシア人スパイを追跡する中、自らの命を危険に晒します。第1巻は2017年1月の発売予定。

なお、Dynamite社は2015年11月からジェームズ・ボンドを主人公にした『James Bond 007』シリーズを出版しており、2016年12月には第12巻が発売予定となっています。

アンソニー・ホロヴィッツが2作目の007小説を執筆

The Bookseller(2016年10月3日付)によると、アンソニー・ホロヴィッツは新しい007小説を執筆するようです。

アンソニー・ホロヴィッツが手がけた最初の公式007小説『Trigger Mortis』は2015年に出版されており、今度の新作は同氏にとって2作目となる007小説。題名は未定ですが、前作同様に舞台設定は過去となり、イアン・フレミングが遺した未使用のアイディアが再び用いられるとのことです。

出版は Jonathan Cape。発売時期は不明です。

007映画のデザイン本『Bond By Design』が発売へ

映画007シリーズ公式サイト 007.com によると、007シリーズのデザインをテーマにした本『Bond By Design: The Art of the James Bond Films』がイギリスで2015年10月1日、DK から出版されます。

著者は007シリーズ制作会社イオン・プロダクションでアーカイヴ担当を務めるメグ・シモンズ。第1作『007/ドクター・ノオ』 から最新第24作『007/スペクター』まで、50年以上に渡る歴史の中から、セット、ストーリーボード、ボンド・カー、秘密兵器、衣装などを紹介。この本で取り上げられているコンセプト・ワークの約75パーセントは、今回初めて出版されるもの、とのことです。

アンソニー・ホロヴィッツ 007小説『Trigger Mortis』を書くために生まれてきた

Daily Mail Online(2015年8月29日付)は、新007小説『Trigger Mortis』の著者アンソニー・ホロヴィッツとのインタビューを掲載しています。

ホロヴィッツは8歳の時にシリーズ第1作『007/ドクター・ノオ』を劇場で鑑賞。それは人生における最も重要な瞬間のひとつだったと振り返ります。

そんなホロヴィッツは、007映画の脚本をやりたくてプロデューサーに会い説得したことがあるそうです。その願いは叶いませんでしたが、替わりに自分でスパイ物を新しく作ろうと考えたホロヴィッツ。当時50歳前後だったロジャー・ムーアを観て、もしジェームズ・ボンドがティーンエイジャーだったらどうなるだろうと思いつき執筆したのが、少年スパイのアレックス・ライダーを主人公としたシリーズでした。

007小説の執筆は生涯を通じてやりたいと思っていた事だったそうで、もし書くために生まれてきたといえる本があるとすれば、それは『Trigger Mortis』だと語りました。

アンソニー・ホロヴィッツの007小説『Trigger Mortis』は、9月8日英国発売予定です。

デヴィッド・オイェロウォが黒人俳優初のジェームズ・ボンド役に 『Trigger Mortis』オーディオブックで

The Guardian(2015年8月13日付)によると、英国俳優デヴィッド・オイェロウォが007小説最新作『Trigger Mortis』のオーディオブックで、ジェームズ・ボンド役を務めるようです。

デヴィッド・オイェロウォはイギリス生まれ。両親はナイジェリアの出身。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーでは黒人俳優として初めて英国王(ヘンリー六世)を演じた他、映画『グローリー/明日への行進』には主役のマーティン・ルーサー・キング・Jr役で出演しています。

オイェロウォがオーディオブックでボンドや他のキャラクターを演じることになったのは、イアン・フレミングの財団から直接のオファーが入ったからなのだそう。オイェロウォはボンド役について「大変な名誉」だとコメント。自分が地球上で唯一「新ジェームズ・ボンドは私だ」と真に言える人間で、ジェームズ・ボンドの自己紹介の台詞はシェイクスピアの「To be or not to be」にも匹敵する、と語ったようです。

アンソニー・ホロヴィッツ作の公式007小説『Trigger Mortis』オーディオブックは、ハードカバーや電子ブック版と共に、9月8日英国発売予定です。

007コミック・シリーズのタイトルは『James Bond 007』 ライターにウォーレン・エリス

Dynamite Entertainment は2015年7月6日、同社が出版する007コミックのシリーズ・タイトルは『James Bond 007』で、ライターはウォーレン・エリスに決定したと発表しました。

『James Bond 007』はジェームズ・ボンドを主人公とするコミック・シリーズで、2015年11月から出版予定。第1弾としてリリースされる全6巻のタイトルは『VARGR』。ヘルシンキで復讐の任務を遂行したボンドは落ちぶれたダブル・オー・エージェントの仕事を引き継ぐため、ロンドンへ。一方、ベルリンでは恐ろしい陰謀がボンドを待ち構えていた…というあらすじです。イラストはジェイソン・マスターズ。

第1弾以降の『James Bond 007』シリーズでは、ウォーレン・エリス以外のライターが担当する可能性もあるようです。

ジェームズ・ボンドがブロードウェイのミュージカルに

Playbill.com(2015年6月30日付)によると、ジェームズ・ボンドのブロードウェイ・ミュージカルが計画されているようです。

これは初期の映画007シリーズでプロデューサーを務めたハリー・サルツマンの娘、メリー・サルツマンが明かしたもの。メリーの会社 Placeholder Productions が舞台化の権利を取得したようです。

タイトルは『ジェームズ・ボンド:ザ・ミュージカル』(James Bond: The Musical)。ストーリーはイアン・フレミングの原作小説を使用せず、オリジナルになるとのことで、新しいボンド・ガールや悪役らが登場予定。加えて、小説中の悪役も数名は登場するようです。

公演時期は未定ですが、2017年末から2018年初頭の間で調整中。場所はブロードウェイ、もしくはラスベガスとなる可能性もあるようです。

アンソニー・ホロヴィッツ執筆の公式007小説タイトルは『Trigger Mortis』

Ian Fleming Publications は2015年5月28日、アンソニー・ホロヴィッツ作の新007小説の題名を『Trigger Mortis』と発表しました。

『Trigger Mortis』はアンソニー・ホロヴィッツがフレミングの出版社と財団からの依頼を受けて執筆した公式007小説。フレミングがテレビ・ドラマ向けに書き遺したアイディアが活かされています。

時代設定は1957年で、イアン・フレミング著『ゴールドフィンガー』から2週間後の出来事を描くもの。冷戦下での米ソ宇宙開発競争を背景に、映画版にも登場した『ゴールドフィンガー』のキャラクター、プッシー・ガロアが再登場。フレミングの小説中で暗躍していたSMERSH(スメルシュ)も復活します。

『Trigger Mortis』の英国発売は2015年9月8日の予定です。

カナダで非公認007小説集『Licence Expired: The Unauthorized James Bond』が出版へ

ChiZine Publications(2015年1月19日付)は、007小説アンソロジー『Licence Expired: The Unauthorized James Bond』をカナダで2015年11月に出版すると発表しました。

カナダでは2015年1月1日からイアン・フレミングの007小説がパブリック・ドメインに。少なくとも10人の作家が非公認でジェームズ・ボンドのストーリーを執筆する予定とのことです。