カテゴリー別アーカイブ: Miscellaneous

その他

007映画インスタレーション『007 Elements』

『007 Elements』(007エレメンツ)は映画007シリーズのインスタレーション。『007/スペクター』ロケ地となったオーストリア・チロル州ゼルデン(ソルデン)のガイスラッハコーゲル、標高3,040メートル地点にあるレストラン「ice Q」に隣接する形で新たに恒常施設が建てられました。

「ice Q」はプロダクション・デザイナーのデニス・ガスナーらがロケハンで探し出したもので、劇中に「ホフラー・クリニック」として登場。ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグ、ボンド・ガールのレア・セドゥ、悪役を演じたデイヴ・バウティスタらがロケに参加。屋内シーンはガスナーによってパインウッド・スタジオで組まれたものですが、屋外は現地にて撮影。麓から山頂へと伸びるロープウェイの中間駅では、Q役ベン・ウィショーがゴンドラに乗るシーンもロケ撮影されています。

『007 Elements』制作に加わったのはイオン・プロダクション、MGM、そしてロープウェイ運営会社 Bergbahnen Sölden。建物の設計は、ゴンドラのデザインも手がけた建築家ヨハン・オバモザーによるもの。インスタレーションのコンセプト・デザイン担当は、『Bond 25』を含めたダニエル・クレイグの007映画全作品でアート・ディレクターを務めるニール・カロウとドイツ出身のティノ・シェードラー。

色彩を抑え気味のこの建物は、初期の007シリーズでプロダクション・デザイナーを務めたケン・アダムの仕事にインスパイアされ、9つの部屋とプラザで構成。永久凍土への影響を避けるため、内部は摂氏1度に保たれています。施設では映画007シリーズの世界観や舞台裏が体験可能。特に『007/スペクター』に焦点を当てています。なお、このインスタレーションは常設で、終了時期は未設定。写真撮影は自由となっています。

 

バレル・オブ・ザ・ガン Barrel of the Gun
『007 Elements』への入口。007映画のタイトル・シークエンスと音楽が楽しめる。

バレル・オブ・ザ・ガン Barrel of the Gun
バレル・オブ・ザ・ガン Barrel of the Gun

プラザ Plaza
オープン・エアの広場。山のパノラマ風景を眺めることができる。

ロビー Lobby
007映画に登場する敵の本拠地を思わせる空間。サム・メンデス監督による解説で、『007/ドクター・ノオ』から『007/スペクター』まで、007シリーズの歴史を紹介する。

ロビー Lobby
ロビー Lobby
ロビー Lobby
ロビー Lobby

レアー Lair
007映画のキャラクターや台詞が学べるデジタル・シアター。

レアー Lair
レアー Lair
レアー Lair
レアー Lair
レアー Lair
レアー Lair
レアー Lair
レアー Lair
レアー Lair
レアー Lair

ブリーフィング・ルーム Briefing Room
マネーペニー役のナオミ・ハリスによる特別解説で、ロケ地選定の舞台裏などを明かす。特に『007/スペクター』のオーストリア・シーンに焦点を当てる。

ブリーフィング・ルーム Briefing Room
ブリーフィング・ルーム Briefing Room
ブリーフィング・ルーム Briefing Room
ブリーフィング・ルーム Briefing Room
ブリーフィング・ルーム Briefing Room
ブリーフィング・ルーム Briefing Room
ブリーフィング・ルーム Briefing Room
ブリーフィング・ルーム Briefing Room

ヴァレー・パッセージ VALLEY PASSAGE
『007/スペクター』の撮影が行われたエリアが眺望できるスペース。

ヴァレー・パッセージ VALLEY PASSAGE
ヴァレー・パッセージ VALLEY PASSAGE

テック・ラボ Tech Lab
007映画に登場した秘密兵器などの技術をインタラクティブに体験できる。

テック・ラボ Tech Lab
テック・ラボ Tech Lab
テック・ラボ Tech Lab
テック・ラボ Tech Lab
テック・ラボ Tech Lab
テック・ラボ Tech Lab

アクション・ホール Action Hall
007映画の特殊効果やスタントについて学べるエリア。

アクション・ホール Action Hall
アクション・ホール Action Hall

スクリーニング・ルーム Screening Room
『007/スペクター』のオーストリアでのアクション・シーンの舞台裏を上映。

スクリーニング・ルーム Screening Room
スクリーニング・ルーム Screening Room

レガシー・ギャラリー Legacy Gallery
007シリーズの画像ファイルがタッチ・スクリーンで呼び出せる。限定販売の007関連グッズが購入できる。


『007 Elements』概要
オープン日:2018年7月12日
入場時間:毎日9時から15時30分、閉場16時
入場時間帯:9時から11時、11時から13時、13時から15時30分(どの時間帯でも16時まで滞在可)
開場期間:夏季は2018年7月12日から9月30日、秋・冬は10月26日から2019年5月1日
入場料:大人22ユーロ、ユース(1999年から2003年生まれ)17ユーロ、子ども(2004年から2010年生まれ)12ユーロ(ロープウェイ代込みの券はそれぞれ54、49、30ユーロ)
入場券販売所:オンライン、ロープウェイの麓と中間駅で販売中(頂上駅=会場前での販売は2018年9月より)
場所:オーストリア・チロル州ゼルデンのガイスラッハコーゲル
アクセス:ゼルデンの麓からロープウェイで山頂駅下車、所要時間約30分(中間駅での乗換含む)
公式サイト:007elements.com

External photo courtesy: Christoph Nosig/007 ELEMENTS
Internal photos courtesy: Kristopher Grunert/007 ELEMENTS
Special thanks to 007 ELEMENTS


7/23追記:本文中のクリニック名を修正しました(「ホフマン」から「ホフラー」)。

Orlebar Brown 007映画ポスター柄の水着を発売

英ファッション・ブランドの Orlebar Brown が007映画のポスターやロビーカードのアートワークを柄にした男性用水着(ショートパンツ)を発売します。

デザインは下記の4種類。値段はいずれも245ポンド。発売は2018年7月ですが、既に予約受付を開始しています。

Bulldog – 007 Dr. No(『007/ドクター・ノオ』)
Bulldog – 007 Thunderball(『007/サンダーボール作戦』)
Bulldog – 007 You Only Live Twice(『007は二度死ぬ』)
Bulldog – 007 Live And Let Die(『007/死ぬのは奴らだ』)

Orlebar Brown の水着は、ジェームズ・ボンドに扮するダニエル・クレイグが、『007/スカイフォール』の上海シーンで着用しました。このモデルも現在販売中です。


7/3追記:The Hollywood Reporter(7月3日付) によると、Orlebar Brown とイオン・プロダクションの関係は今後も続く模様。2019年春には第2弾として、ロジャー・ムーア着用のサファリ・ジャケットをイメージした製品が発売される可能性があるようです。

エス・テー・デュポン ジェームズ・ボンド007限定版コレクションを発売

エス・テー・デュポンが新しいジェームズ・ボンド007リミテッド・エディション・コレクションをリリースしました。コレクターセットは世界限定数が400点、ペン類とライター(MINIJET除く)は007シリーズ第1作の公開年にちなみ、それぞれ1962点です。

コレクターセットは、5月に結婚したヘンリー王子への祝いの品として、フランスのマクロン大統領に選ばれたようです。

各商品名は次の通りです。

ジェームズ・ボンド 007 コレクターセット
ジェームズ・ボンド 007 キーリング スピナー ゴールド
ジェームズ・ボンド 007 シガーカッター ゴールド
ジェームズ・ボンド 007 カフリンクス ゴールド
ジェームズ・ボンド 007 カフリンクス ゴールドブラック
ジェームズ・ボンド 007 MINIJET ライター ブラック
ジェームズ・ボンド 007 MINIJET ライター ゴールド
ジェームズ・ボンド 007 ライター ゴールド
ジェームズ・ボンド 007 ライター ゴールドブラック
ジェームズ・ボンド 007 財布 ブラック
ジェームズ・ボンド 007 シガレットケース ブラック
ジェームズ・ボンド 007 万年筆 ゴールド
ジェームズ・ボンド 007 万年筆 ブラックゴールド
ジェームズ・ボンド 007 ローラーボール ゴールド
ジェームズ・ボンド 007 ローラーボール ゴールドブラック
ジェームズ・ボンド 007 ボールペン ゴールド
ジェームズ・ボンド 007 ボールペン ブラックゴールド

MI6のテレビCMが英国で初放送に

BBC(2018年5月24日付)によると、イギリスの対外諜報機関MI6のテレビCMが、現地時間5月24日夜から史上初放送されます。

内容はリクルートCM。国民がもっているMI6=ジェームズ・ボンドのイメージを利用しつつも、女性やアフリカ系、アジア系などマイノリティを主なターゲットとし、MI6がより現実的な存在であることをアピールするようです。

これを皮切りに、今後は様々な種類のCMがテレビだけでなくネットにも流れる模様です。

MI6のCM動画(Guardian News)
https://www.youtube.com/watch?v=hLixF-9Y15g

仏大統領からヘンリー英王子への結婚祝いはS.T.デュポンの007コレクション

The Telegraph(2018年5月10日付)によると、エマニュエル・マクロン仏大統領は、英王室のヘンリー王子への結婚祝いとして、エス・テー・デュポンのジェームズ・ボンド・コレクションを公式に贈るのだそうです。

5月19日にメーガン・マークルさんとの結婚を控えているヘンリー王子は007ファンとのこと。この「S.T. Dupont 007 Collection」では、ライター、シガー・カッター、ペン、カフリンクスがトラベル・ケースに収納されています。

このニュースはエス・テー・デュポン側が公式発表したものですが、直後に同社は The Telegraph に対し、今回の贈呈にライターも含まれるか100%確実ではない、と伝えたとのこと。ただし007コレクションが贈られることは間違いないようです。

なお、ヘンリー王子はマークルさんの願いを聞いて、数週間前に禁煙したばかりだとのことです。

ジャガー・ランドローバーが『007 Elements』に参加

映画007シリーズ公式サイト 007.com(2018年4月11日付)によると、『007 Elements』のオフィシャル・パートナーとしてジャガー・ランドローバー社が加わりました。

『007 Elements』会場では、映画『007/スペクター』の撮影で使用されたランドローバー・ディフェンダーやレンジローバー・スポーツSVRが展示予定。同社の最新テクノロジーであるAIシステムや、C-X75で使用のリチウムイオン電池なども紹介されます。

なお、ジャガー・ランドローバーの車両は『007/オクトパシー』(1983)でシリーズ初登場。これまで9作の007映画で使われたとのことです。

『007 Elements』は『007/スペクター』のロケ地オーストリア・ソルデンの山頂にて開催されるインスタレーションで、7月12日オープン予定です。

サンスペル 「The Ian Fleming Collection」を発売

イアン・フレミング財団は2018年3月23日、サンスペル「The Ian Fleming Collection」の発売を発表しました。

シーアイランド・コットン(海鳥綿)のウエアを愛用したフレミングの名を冠するコレクションには、セーター、シャツ、Tシャツ、ポロシャツ、カーディガン、アンダーパンツなどが含まれます。

なお、イアン・フレミングが実際にサンスペルを着用していたのか定かではないようですが、その可能性は十分あるようです。

また、フレミングは小説の中で、ジェームズ・ボンドがシーアイランド・コットンのシャツやアンダーパンツを着用する姿を描いています。

「The Ian Fleming Collection」は3月から発売中。サンスペルのオンライン・ショップや、ロンドンとベルリンの店舗で購入可能です。

サンスペル(日本サイト)

『007 ELEMENTS』 2018年7月にオーストリアでオープン

映画007シリーズ公式サイト 007.com は2018年3月8日、『007 ELEMENTS』が7月12日からオーストリアのソルデンで始まると発表しました。

『007 ELEMENTS』は007映画の世界を紹介するインスタレーション。会場は、『007/スペクター』で「ホフラー・クリニック」として登場した「ice Q」レストランに隣接する特設施設。当初は2017年/18年冬季のオープン予定でした。

チケット情報など詳細は近日発表されるとのことです。

英国王立造幣局が「007」記念硬貨を発売

Royal Mint(王立造幣局)は2018年3月1日、ジェームズ・ボンドを含んだコイン・シリーズを発表しました。

「The Great British Coin Hunt, Quintessentially British A-Z」と題された10ペンス硬貨のこのシリーズでは、ダブル・デッカーやフィッシュ&チップスなどイギリスの誇りが全26種類のデザインで登場。図柄には大きくAからZまでのアルファベットが割り振られており、「B」は「Bond…James Bond」。映画007シリーズのガン・ロゴとガンバレルのデザインが用いられ、反対側にはエリザベス女王の肖像が刻まれています。

同サイトで販売されているシルバー・プルーフの価格は35ポンド。アクリル・パネルに埋め込まれたセットは45ポンドとなっています。

また、The Sun(3月1日付)によると、Royal Mint 公式サイトや郵便局では同日から記念版が各2ポンドで販売される模様。一般向けには各10万枚が発行済みで、3月5日から流通するとのことです。

N.Peal 007映画のおかげで経営順調

Yorkshire Post(2018年2月6日付)はイギリスのブランド N.Peal(エヌ・ピール)経営者アダム・ホルズワース氏の記事を掲載しています。

ホルズワース氏は『007/スカイフォール』制作時、映画のスタイリストがボンド用にブルーの N.Peal カシミア・セーターを25着購入したという噂話を耳にしたのだそうです。完成した映画を観に行き、スコットランドでボンドが着ている場面を見つけて、ようやく噂が本当だったと分かったのだとか。後になって知ったそうですが、スタイリストはロンドン中のショップを回り、ダニエル・クレイグの瞳を引き立ててくれる特別なブルー色のセーターを探していたそうです。

続く『007/スペクター』では、N.Peal を気に入ったスタイリストからの依頼で、2種類のカシミア・セーターを新しく作ることに。また、ダニエル・クレイグが N.Peal を着用して仁王立ちする宣伝写真も撮影され、ポスターとして採用。レスタースクエアでその巨大看板が掲げられた時は興奮したと語ったホルズワース氏。ただし、トム・フォード側からクレームが入り、2週間後には白いタキシードのポスターに掛け替えられたのだとか。

そしてホルズワース氏は、007シリーズ次回作『Bond 25』でも同社製品が起用されることを期待しているとのことです。

一時期破産にまで至った N.Peal の経営は、007映画に登場してから好調で、ここ数年間でロンドンに3店舗をオープン。今月はニューヨークにも初出店し、今後も海外展開を進めていくようです。