カテゴリー別アーカイブ: Miscellaneous

その他

007シリーズのキャラクターがFunkoのフィギュアに

映画007シリーズ公式サイト 007.com は2017年10月16日、007シリーズに登場するキャラクターが、Funko(ファンコ)の「Pop! Vinyl」フィギュアとして12月に発売されると発表しました。

『007/ゴールドフィンガー』からは、ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)、「ゴールデン・ガール」、オッドジョブがフィギュア化。他に、猫付きブロフェルドやジョーズ。『007/私を愛したスパイ』からはロジャー・ムーアの演じたボンドも。『007/ドクター・ノオ』や『007/オクトパシー』版のボンドや帽子を投げるオッドジョブは一部ショップにて限定販売されるようです。

007公式ストアで10%割引セール開催中 「ジェームズ・ボンドの日」限り

映画007シリーズ公式Twitterによると、本日(2017年10月5日)「ジェームズ・ボンドの日」を迎えた007公式ストアが、一日限りの割引セールを開催しています。

コード「BONDDAY2017」を入力すると、値段が10%オフとなるようです。

007公式ストア:The Official James Bond 007 Store


10/5 追記:現在、日本に向けた配送は行なっていない模様です。

オメガのコマンダー・ウォッチがChristie’sで競売に

映画007シリーズ公式サイト 007.com(2017年10月3日付)によると、オメガの「シーマスター・ダイバー300Mコマンダー・ウォッチ」3種各1点がChristie’sのオークションに出品されました。

出品期間は10月3日から17日まで、Christie’s Watches Online にて。収益はユニセフや国連地雷対策サービス部などに寄付されます。詳細は以下の通りです。

ステンレス・スティール
シリアル番号=007(世界限定発売数7007本)。コスチューム・デザイナーのリンディ・ヘミングが監修し、ショーン・コネリーのサイズで複製した『007は二度死ぬ』の英国海軍制服付属。プロデューサーのマイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリらのサイン入り。

18Kイエロー・ゴールド
シリアル番号=007(世界限定発売数7本)。コスチューム・デザイナーのリンディ・ヘミングが監修し、ロジャー・ムーアのサイズで複製した『007/私を愛したスパイ』の英国海軍制服付属。プロデューサーのマイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリらのサイン入り。

18Kホワイト・ゴールド
1本のみ作られた特別ウォッチ。『007/スペクター』劇中で、ジェームズ・ボンドとタナーがテムズ川を下るシーンに使われた英国海軍旗付き。クレイグのサイン入り。

Zippoが007コレクションのライターを発売へ

映画007シリーズ公式サイト 007.com(2017年9月25日付)によると、Zippoはイオン・プロダクションと組み、特別にデザインされた007コレクションのライターを発売します。

最初に発売されるライターのデザインは、ガンバレル、ガン・ロゴ、『007/ドクター・ノオ』や『007/ロシアより愛を込めて』のポスターを使ったもの。これ以外のポスター・アートを用いたライターも準備中で、今年のクリスマス頃には一部市場にて発売となります。

オメガ 007とタイアップのシーマスターダイバー300Mコマンダーウォッチ限定モデルを発表

Omegaは2017年7月5日、ロンドンのイベントで「Seamaster Diver 300M “Commander’s Watch” Limited Edition」(シーマスター・ダイバー300Mコマンダー・ウォッチ限定モデル)を発表しました。

この新しい腕時計は、2017年が『007は二度死ぬ』(1967)の製作から50周年、『007/私を愛したスパイ』(1977)から40周年、『トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997)から20周年を迎えることを記念するもの。

デザインは英国海軍のカラー、レッド・ホワイト・ブルーや、ジェームズ・ボンドの肩書きである海軍中佐(コマンダー)の階級章からインスパイア。41mmのケースで、赤い秒針には「007」のガン・ロゴを加え、NATOストラップを使用。販売個数は世界限定7,007点。

さらに、K18イエロー・ゴールドのセカンド・モデルも用意されており、こちらは7点限定となっています。

イベントの司会を務めたのは、ピアース・ブロスナン主演の007シリーズでミス・マネーペニーを演じたサマンサ・ボンド。オメガ社長兼CEOのレイナルド・アッシェリマン氏と007シリーズのプロデューサーであるマイケル・G・ウィルソン氏が共同で発表しました。

フェリックス・ライターの家が500万ドルで購入される 『007/消されたライセンス』舞台

Curbed Miami(2017年3月23日付)によると、『007/消されたライセンス』にフェリックス・ライターの自宅として登場した家が最近、500万ドルで購入されたそうです。

場所はフロリダ州キーウェスト。広さは約390平方メートル。寝室が5部屋にバスルーム6つで、ゲスト・ハウスや温水プールも付いています。2004年に売却された際の価格は110万ドル。その後は大幅に改築されたとのことです。

ボンドの友人フェリックス・ライターは映画007シリーズでCIA局員として登場しますが、『007/消されたライセンス』ではDEA側のエージェントとして活躍。この家は結婚パーティーなどのシーンで使用され、ライター役のデヴィッド・ヘディソンやジェームズ・ボンド役のティモシー・ダルトンらが訪れました。

MI6 新リクルート・キャンペーンを開始へ

The Guardian(2017年3月2日付)によると、イギリスの対外諜報機関MI6は来週から新たなリクルート・キャンペーンを開始するそうです。

計画では今後数年間で3割ほど増員させ、全体の職員数を約3,500人まで増やすのが目標。

近年のMI6は新聞に求人広告を出したり、公式ウェブサイト上で公募を行なっていましたが、MI6トップ「C」を務めるアレックス・ヤンガー氏は同紙に対し、MI6側から有望な人材に直接コンタクトする旧来の声掛け方法の復活を明らかにしました。これにより黒人やアジア系なども積極採用し、現代のイギリス社会を反映する組織へと変えたいようです。

また、採用部門責任者は、射撃の腕前は関係ないとし、ダニエル・クレイグが演じるジェームズ・ボンドのような人物も求めていない旨をコメント。現在のMI6では多種多様な人材を探しているようです。


3/3追記:Evening Standard(2017年3月3日付)によると、MI6は3月6日からイギリスの映画館で 求人用に58秒の広告上映を開始するとのことで、特に女性をターゲットとしている模様です。

BIG Chief Studios 『007/ゴールドフィンガー』フィギュアの予約受付を開始

イギリスの BIG Chief Studios は2017年2月10日、『007/ゴールドフィンガー』キャラクター・フィギュアの予約受付を開始しました。商品の発送は9月から11月となります。

同社はイオン・プロダクションの協力を得て、映画『007/ゴールドフィンガー』(1964)に登場するジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)、オーリック・ゴールドフィンガー(ゲルト・フレーベ)、オッドジョブ(ハロルド坂田)の精細な1/6スケールのフィギュアを制作中。

3人のフィギュアはそれぞれ「First Edition」と「Limited Edition」の2種類を用意。「First Edition」は各700体限定で特別限定のアクセサリーが付属、販売は BIG Chief Studios からのみ。「Limited Edition」のシリアル・ナンバーは701番以降で、販売数は未定です。

本物のQは女性 MI6トップが明かす

The Guardian(2017年1月26日付)によると、MI6で現在「Q」を務めているのは女性なのだそうです。

イギリスの対外諜報機関MI6のトップで「C」(007シリーズでは「M」)と呼ばれているアレックス・ヤンガー氏は1月25日、ロンドンで開催された「Women in IT Awards」に参加。より多くの女性技術者がMI6で働くように促すスピーチをした中で、本物の「Q」が皆さんをお待ちしていると語った上で、この現実の「Q」は女性だ、と明かしたようです。

「Q」はジェームズ・ボンドらMI6のエージェントに秘密兵器を開発・提供する「Q課」の責任者として映画007シリーズに登場。現在のベン・ウィショーを含め、これまですべて男優がその役を演じてきました。1990年代には、現実のMI5(国内防諜機関)トップが女性だったことに影響を受け、女優であるジュディ・デンチが「M」を演じるようになりましたが、女性の「Q」も映画の世界に登場する日がくるかもしれません。

英国の旧陸軍省ビルがホテルとして開業へ

Evening Standard(2016年10月21日付)によると、ロンドンの「Old War Office」ビルがホテルとして生まれ変わるようです。

「Old War Office」ビルがある場所はロンドンの中心地ホワイトホール。その名の通り、以前は War Office(陸軍省)の本部が置かれていましたが、1960年代に国防省が陸軍省を組み込んでからは国防省の所有となっていました。入り口の一つは「スパイ・エントランス」と呼ばれ、かつてはMI5やMI6局員が訪れる際に利用していたそうです。

しかし、国防省は今年初めに同ビルをデベロッパーへ売却。計画では125の客室とアパート88室に25メートルのプールや屋上バーなども備えた高級ホテル&アパートメントへと変貌することになります。運営者は未定ですが、シンガポールのラッフルズ・ホテル所有者になる可能性があるようです。

旧陸軍省ビル(国防省ビル)は映画007シリーズの3作品『007/オクトパシー』(1983)、『007/美しき獲物たち』(1985)、『007/消されたライセンス』(1989)で、英国秘密情報部の本部としてその外観が登場。『007/スカイフォール』(2012)のラストでは屋上に佇むジェームズ・ボンドが眺める風景の一部となっている他、『007/スペクター』(2015)エンディングでアストンマーティンが走り去る際にも映っています。