カテゴリー別アーカイブ: Miscellaneous

その他

ジャガー・ランドローバーが『007 Elements』に参加

映画007シリーズ公式サイト 007.com(2018年4月11日付)によると、『007 Elements』のオフィシャル・パートナーとしてジャガー・ランドローバー社が加わりました。

『007 Elements』会場では、映画『007/スペクター』の撮影で使用されたランドローバー・ディフェンダーやレンジローバー・スポーツSVRが展示予定。同社の最新テクノロジーであるAIシステムや、C-X75で使用のリチウムイオン電池なども紹介されます。

なお、ジャガー・ランドローバーの車両は『007/オクトパシー』(1983)でシリーズ初登場。これまで9作の007映画で使われたとのことです。

『007 Elements』は『007/スペクター』のロケ地オーストリア・ソルデンの山頂にて開催されるインスタレーションで、7月12日オープン予定です。

サンスペル 「The Ian Fleming Collection」を発売

イアン・フレミング財団は2018年3月23日、サンスペル「The Ian Fleming Collection」の発売を発表しました。

シーアイランド・コットン(海鳥綿)のウエアを愛用したフレミングの名を冠するコレクションには、セーター、シャツ、Tシャツ、ポロシャツ、カーディガン、アンダーパンツなどが含まれます。

なお、イアン・フレミングが実際にサンスペルを着用していたのか定かではないようですが、その可能性は十分あるようです。

また、フレミングは小説の中で、ジェームズ・ボンドがシーアイランド・コットンのシャツやアンダーパンツを着用する姿を描いています。

「The Ian Fleming Collection」は3月から発売中。サンスペルのオンライン・ショップや、ロンドンとベルリンの店舗で購入可能です。

サンスペル(日本サイト)

『007 ELEMENTS』 2018年7月にオーストリアでオープン

映画007シリーズ公式サイト 007.com は2018年3月8日、『007 ELEMENTS』が7月12日からオーストリアのソルデンで始まると発表しました。

『007 ELEMENTS』は007映画の世界を紹介するインスタレーション。会場は、『007/スペクター』で「ホフラー・クリニック」として登場した「ice Q」レストランに隣接する特設施設。当初は2017年/18年冬季のオープン予定でした。

チケット情報など詳細は近日発表されるとのことです。

英国王立造幣局が「007」記念硬貨を発売

Royal Mint(王立造幣局)は2018年3月1日、ジェームズ・ボンドを含んだコイン・シリーズを発表しました。

「The Great British Coin Hunt, Quintessentially British A-Z」と題された10ペンス硬貨のこのシリーズでは、ダブル・デッカーやフィッシュ&チップスなどイギリスの誇りが全26種類のデザインで登場。図柄には大きくAからZまでのアルファベットが割り振られており、「B」は「Bond…James Bond」。映画007シリーズのガン・ロゴとガンバレルのデザインが用いられ、反対側にはエリザベス女王の肖像が刻まれています。

同サイトで販売されているシルバー・プルーフの価格は35ポンド。アクリル・パネルに埋め込まれたセットは45ポンドとなっています。

また、The Sun(3月1日付)によると、Royal Mint 公式サイトや郵便局では同日から記念版が各2ポンドで販売される模様。一般向けには各10万枚が発行済みで、3月5日から流通するとのことです。

N.Peal 007映画のおかげで経営順調

Yorkshire Post(2018年2月6日付)はイギリスのブランド N.Peal(エヌ・ピール)経営者アダム・ホルズワース氏の記事を掲載しています。

ホルズワース氏は『007/スカイフォール』制作時、映画のスタイリストがボンド用にブルーの N.Peal カシミア・セーターを25着購入したという噂話を耳にしたのだそうです。完成した映画を観に行き、スコットランドでボンドが着ている場面を見つけて、ようやく噂が本当だったと分かったのだとか。後になって知ったそうですが、スタイリストはロンドン中のショップを回り、ダニエル・クレイグの瞳を引き立ててくれる特別なブルー色のセーターを探していたそうです。

続く『007/スペクター』では、N.Peal を気に入ったスタイリストからの依頼で、2種類のカシミア・セーターを新しく作ることに。また、ダニエル・クレイグが N.Peal を着用して仁王立ちする宣伝写真も撮影され、ポスターとして採用。レスタースクエアでその巨大看板が掲げられた時は興奮したと語ったホルズワース氏。ただし、トム・フォード側からクレームが入り、2週間後には白いタキシードのポスターに掛け替えられたのだとか。

そしてホルズワース氏は、007シリーズ次回作『Bond 25』でも同社製品が起用されることを期待しているとのことです。

一時期破産にまで至った N.Peal の経営は、007映画に登場してから好調で、ここ数年間でロンドンに3店舗をオープン。今月はニューヨークにも初出店し、今後も海外展開を進めていくようです。

ディズニー 20世紀FOX映画の買収で合意

ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーは2017年12月14日、21世紀フォックスが所有する一部事業の買収を発表しました。買収にかかる総額は約661億ドル。

買収対象となる主だった21世紀フォックス傘下企業は、映画の製作配給などを行う「20世紀フォックス映画」や、テレビ番組制作会社「20世紀フォックステレビジョン」の他、米国内ケーブル・ネットワーク、海外の放送局など。ウォルト・ディズニー・カンパニーは、メジャー映画会社のウォルト・ディズニー・スタジオを所有していますが、更にもう一つのメジャーを抱えることで、ハリウッドに大きな変革をもたらすことになります。

なおフォックスの買収は、ユニバーサル・ピクチャーズを傘下に持つコムキャストや、ソニー・ピクチャーズも一時期検討していたようです。

今回は同業者間での大型買収となるため、今後は当局からの承認を得られるか否かが焦点になると思われます。また、競合他社を得ることになったディズニーがフォックスをどう処遇・活用するのか、状況が異なるため単純比較はできませんが、MGMに買収されたユナイテッド・アーチスツがスタジオとしての機能を徐々に失っていった例もあり、その行く末が注目されます。

20世紀フォックスは現在6社しかないハリウッド・メジャーの一角で、『007/ダイ・アナザー・デイ』(2002)を海外配給。近年は007シリーズなどMGM作品のブルーレイ&DVD発売を担当。フォックスは007次回作『Bond 25』の劇場配給も狙っていると報道されましたが、ディズニーは007映画に興味を持っていない模様です。


12/14 訂正:買収総額を524億ドルから661億ドルに訂正します。


12/15 追記:Variety(2017年12月14日付)によると、20世紀フォックスなどの映画・テレビ事業を手放すルパート・マードック側がその売却益を基に、新たにソニー・ピクチャーズやワーナー・ブラザースのような別の映画スタジオを買収する可能性がフォックス内で取り沙汰されているようです。

ソニー・ピクチャーズのトニー・ヴィンシクエラ会長は社員に宛てたメッセージの中で、同社がフォックスの買収を検討していたことを認めながらも、ソニー・ピクチャーズの売却は改めて否定しています。

007シリーズのキャラクターがFunkoのフィギュアに

映画007シリーズ公式サイト 007.com は2017年10月16日、007シリーズに登場するキャラクターが、Funko(ファンコ)の「Pop! Vinyl」フィギュアとして12月に発売されると発表しました。

『007/ゴールドフィンガー』からは、ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)、「ゴールデン・ガール」、オッドジョブがフィギュア化。他に、猫付きブロフェルドやジョーズ。『007/私を愛したスパイ』からはロジャー・ムーアの演じたボンドも。『007/ドクター・ノオ』や『007/オクトパシー』版のボンドや帽子を投げるオッドジョブは一部ショップにて限定販売されるようです。

007公式ストアで10%割引セール開催中 「ジェームズ・ボンドの日」限り

映画007シリーズ公式Twitterによると、本日(2017年10月5日)「ジェームズ・ボンドの日」を迎えた007公式ストアが、一日限りの割引セールを開催しています。

コード「BONDDAY2017」を入力すると、値段が10%オフとなるようです。

007公式ストア:The Official James Bond 007 Store


10/5 追記:現在、日本に向けた配送は行なっていない模様です。

オメガのコマンダー・ウォッチがChristie’sで競売に

映画007シリーズ公式サイト 007.com(2017年10月3日付)によると、オメガの「シーマスター・ダイバー300Mコマンダー・ウォッチ」3種各1点がChristie’sのオークションに出品されました。

出品期間は10月3日から17日まで、Christie’s Watches Online にて。収益はユニセフや国連地雷対策サービス部などに寄付されます。詳細は以下の通りです。

ステンレス・スティール
シリアル番号=007(世界限定発売数7007本)。コスチューム・デザイナーのリンディ・ヘミングが監修し、ショーン・コネリーのサイズで複製した『007は二度死ぬ』の英国海軍制服付属。プロデューサーのマイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリらのサイン入り。

18Kイエロー・ゴールド
シリアル番号=007(世界限定発売数7本)。コスチューム・デザイナーのリンディ・ヘミングが監修し、ロジャー・ムーアのサイズで複製した『007/私を愛したスパイ』の英国海軍制服付属。プロデューサーのマイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリらのサイン入り。

18Kホワイト・ゴールド
1本のみ作られた特別ウォッチ。『007/スペクター』劇中で、ジェームズ・ボンドとタナーがテムズ川を下るシーンに使われた英国海軍旗付き。クレイグのサイン入り。

Zippoが007コレクションのライターを発売へ

映画007シリーズ公式サイト 007.com(2017年9月25日付)によると、Zippoはイオン・プロダクションと組み、特別にデザインされた007コレクションのライターを発売します。

最初に発売されるライターのデザインは、ガンバレル、ガン・ロゴ、『007/ドクター・ノオ』や『007/ロシアより愛を込めて』のポスターを使ったもの。これ以外のポスター・アートを用いたライターも準備中で、今年のクリスマス頃には一部市場にて発売となります。